サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの車種統合に動き、86 新型登場が遅れる理由は---?

ここから本文です

『CARトップ』4月号
発行:交通タイムス社
定価:450円(本体409円+税)

『CARトップ』4月号巻頭の「CT SCOOP」でトヨタについて気になるネタが2つ。ひとつはミニバン『ノア』、『ヴォクシー』、『エスクァイア』のモデルチェンジ。トヨタは車種統合を進行中だが、ノアとヴォクシーが継続、エスクァイアが終了になるという。もうひとつは新型『86』で、兄弟車のスバル『BRZ』は新型が発表されたのに、トヨタバージョンの登場が遅れている理由だ。

すでに市場で発表された新型車で注目は三菱『アウトランダー』とホンダ『ヴェゼル』だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ