サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダのワンボックス軽自動車「スクラムワゴン」が一部改良で低燃費性と利便性を向上。バンも同時に改良

ここから本文です
2021年9月16日、マツダは、広い荷室と使いやすさを追求した乗用の軽自動車「スクラムワゴン」および商用の軽自動車「スクラムバン」を一部改良して販売を開始した。アイドリングストップシステムや運転席シートヒーター、USBソケットの装備などにより、利便性の向上を図った。

スクラムワゴンはアイドリングストップ、運転席シートヒーターを装備
マツダの軽乗用車「スクラムワゴン」は、広大な荷室と使い勝手の良さ、優れた燃費性能を特徴とする軽ワンボックスで、多彩なオプションアイテムが揃っていることもあり、アウトドアレジャー派のユーザーから支持を得ているモデル。

おすすめのニュース

サイトトップへ