サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 生身の身体で時速300キロの世界に興奮!? ~木下隆之の、またがっちゃいましたVol.90~

ここから本文です

■空へ飛び立つほどの速度域、もはやファンタジー……

 バイクのレースほど興奮を誘うモータースポーツはないと思う……と言うと数々の関係者からのクレームが届きそうである。僕(筆者:木下隆之)が4輪のレースで禄を食み、細々ながらも焼肉や酒を楽しんでこられたのは4輪レースのおかげなのだが、それでもやはり、バイクのレース観戦は興奮する。

スズキ「Ryuyo(竜洋)」(GSX-R1000Rレースバイク)軽量化された最強チューニングバイクが登場

 なぜなら、身体を剥き出しにしたまま、あれほどの高速で、接触ギリギリの、それでいて時には接触しながらバトルを披露するモータースポーツなど、バイクレースを除いて他にはないのである。

おすすめのニュース

サイトトップへ