サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ロータスがスポーツカーシリーズを一新。エリーゼ/エキシージ/エヴォーラの生産終了を決定!

ここから本文です

ロータスがスポーツカーシリーズを一新。エリーゼ/エキシージ/エヴォーラの生産終了を決定!

2021年1月25日、ロータス カーズは新シリーズのスポーツカー「タイプ131」プロトタイプの生産を本社のある英国ヘセルの工場で2021年にスタートし、エリーゼ/エキシージ/エヴォーラは同年中に生産を終了すると発表した。

タイプ131は3バージョンも設定されるのか?
イギリスを代表するスポーツカー メーカー、ロータス カーズ。現在は中国のジーリーホールディンググループ(浙江吉利控股集団)が51%の株式を、マレーシアのエティカが49%を取得している。現行のラインアップは、1995年に発表されたロードスターの「エリーゼ」、その技術を用いて2000年に発表されたモータースポーツにも対応する「エキシージ」、さらに2+2に発展させてスーパースポーツカーとした「エヴォーラ」の3モデルからなる。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

今回、この3モデルに続く新世代のパフォーマンスカーとして、新シリーズ「タイプ131」のイメージを示唆するティーザーをリリースした。それが、ここで紹介する画像だ。

ただし、右側の黄色いクルマはハイパーEVスポーツカーのエヴァイヤで、左のカバーを被った3台がタイプ131のようだ。送られてきた画像ではよく分からないので、左側の3台の部分を少し明るく加工してみた。

手前に映るのはすでに公開されているエヴァイヤ。後ろの3台が・・・
それが、上の画像。ボディスタイルや大きさ、ヘッドランプの形状など、3台とも微妙に違う。どうやら、タイプ131には3バージョンが設定されるようだ。残念ながら、現在はここまでしか公開されていない。だが、ロータスのネーミングの定義に則って、車名は「E」で始まるものとなるだろう。

ロータス カーズでは、「ビジョン80 ビジネスプラン」の一部として本社のあるヘセルの施設に1億ポンド以上(約140億円以上)の投資を行い、2つのロータス サブアッセンブリー施設を統合し、効率性を考慮してノリッジ市の中央オペレーションに移転して、生産台数の増加をサポートすることを見込んでいる。これに伴い、約250人の新従業員採用も予定している。また、ロータス カーズと両輪を担っている、エンジニアリング コンサルタント部門であるロータス エンジニアリングは2021年後半に英国ウオーリック地方にアドバンスド テクノロジーセンターを開設する。

なお、タイプ131の登場でロータス カーズはスポーツカー シリーズの一新を決定し、エリーゼ/エキシージ/エヴォーラの生産は2021年で終了すると発表された。この3モデルは、最終モデルの生産終了時には合計で約5万5000台が生産されたことになる。

73年間の歴史において、さまざまなスポーツカー伝説を生み出してきたロータス。今後は、間もなく生産が開始されるエヴァイヤと、ニューモデルとなるタイプ131が、新たな革新と伝説の夜明けをもたらすことになる。

[ アルバム : ロータス タイプ131 はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します