サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最大8床の動く病院!? 東京消防庁の超大型救急車「スーパーアンビュランス」とは? 車内や装備を詳細解説!

ここから本文です

東京消防庁の特殊救急車両「スーパーアンビュランス」とは?

2021年10月31日、私鉄・京王線の電車の中で17人を負傷させ、放火を行なった、いわゆる「京王ジョーカー事件」が起きたが、その際に「スーパーアンビュランス」という特殊車両が出動した。

【画像5点】中の広さは1LDKのマンションくらい!? 超巨大救急車の車内とは

「スーパーアンビュランス」というのは、名前の通り特別な救急車(「アンビュランス」とは英語で救急車を意味する)。荷台部分が左右にスライドして拡幅することで、移動型の病室を作ることができる特殊車両だ。

では「スーパーアンビュランス」とはどのような場合に出動する車両なのか、車両の中はどうなっているのか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン