現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今後は値上がり必至! 中古のMR-Sがロードスターより「断然買い」な理由とは

ここから本文です

今後は値上がり必至! 中古のMR-Sがロードスターより「断然買い」な理由とは

掲載 更新 73
今後は値上がり必至! 中古のMR-Sがロードスターより「断然買い」な理由とは

この記事をまとめると

■ロードスターよりも軽量なMR-Sが狙い目

「ベースは、え、MR-S!?」レプリカと言うには完成度が高すぎる「トヨタ・カウンタックLP500」

■2ペダルのSMTならAT限定免許でも運転できる

■人気車種より低価格だが徐々に高騰する傾向にあり

手頃なMR-Sを狙うのはラストチャンス

 日本初の量産ミッドシップ車として1984年に登場したMR2。1989年には2代目へと進化を果たし、初代のカローラ系ベースからセリカ系ベースへと大型化。エンジンも1.6Lから2Lへとクラスアップを果たしていた。

 MR2はミッドシップレイアウトということもあって、デビュー当初はピーキーなハンドリングが危険とすら評されていたが、2世代目は10年という長いモデルライフの中で数多くの改良を重ね、通称5型と呼ばれる最終型は非常に優秀なミッドシップスポーツカーへ昇華していたのだった。 そんなMR2は1999年に販売を終了し、後継モデルとしてMR-Sが登場することになる。

ロードスターよりも軽量に仕上がっていたMR-S

 MR-Sは1995年に東京モーターショーに展示されたMR-J、そして1997年に東京モーターショーに展示されたMR-Sを経て発売されたもの。今までのMR2とは異なる手動式のソフトトップを持ったオープン2シーターへと変貌していた。

 エンジンも初代、2代目に設定されていた過給機付きのものはなく、全車140psを発生する1ZZ-FE型の1.8Lの直列4気筒エンジンが搭載されていた。

 当時、同じ1.8Lエンジンとしては190psを誇るセリカやロータス エリーゼにも供給された2ZZ-GE型エンジンも存在していたが、あえてローパワーの1ZZ型が採用されたのである。MR-Sがライトウエイトオープン2シーターとして新たな価値観を創造しようとしたからにほかならない。 同世代のライトウェイトオープン2シーターといえば、言わずと知れたロードスター(2代目)が存在しているが、あちらは最も軽量なモデルで990kg。これは1.6Lエンジンのエアコンレスモデルとかなりスパルタンなもの。

 一方のMR-Sは全車1.8Lエンジンで、エアコンを標準装備した充実のSエディションでも970kgとロードスターよりも軽量に仕上がっていたのである。つまり、ライトウェイトスポーツのイメージの強いロードスターよりも軽量で、ミッドシップレイアウトという究極のハンドリングマシンに仕上がっていたのがMR-Sということになるのだ。

2ペダルのシーケンシャルマニュアルトランスミッションが設定されていた

 なお、モデルライフ後半ではトランスミッションの多段化や衝突安全性能の向上などにより車両重量が増加してしまっているが、それでも1010kgと最小限に留めている(2代目ロードスターRSは1080kg)。

 そんなMR-Sはピュアスポーツカーとしてリヤトランクもなく、3ペダルマニュアルモデルのみという硬派なラインアップとなっていたが、2000年8月に国産量産車初となる、2ペダルのシーケンシャルマニュアルトランスミッションが設定される。

 これはマニュアルトランスミッションをベースに作られたものだ。変速時のクラッチ、シフト、アクセル操作を電子制御化することで、チェンジレバーを前後方向(シーケンシャル)に操作するだけでシフトアップ&ダウンができるというもの(ステアリングスイッチでも変速可)。

 当然ながらクラッチペダルがないため、AT限定免許でもMTに匹敵する走りを楽しむことができると話題になった装備。しかしクリープ現象はなく、シフト操作をしない限り変速することがないため、イージードライブを目的とする人には不向きとなっていた。

 また、現役当初からシーケンシャルミッションはトラブルが発生するという報告も多い。現在中古車で狙う場合は必ず試乗をし、動作に問題がないことを確認するのはマストと言えそうだ。

マイナーチェンジで6速化された

 2002年8月にはマイナーチェンジが実施され、灯火類の変更といった見た目の変更のほか、タイヤサイズの拡大やボディ剛性やサスペンション剛性のアップ、そして5速ミッションの6速化(MT、シーケンシャルMT共に)という大掛かりな改良がなされた。

 ただこの6速ミッションは、既存の5速ミッションとは1~5速、そして最終減速比含めて変化はなく、ただ単にハイギヤードな6速が追加されただけであったため、走りを重視する人はあえて軽量な5速モデルをチョイスすることもあるようだ。

 と、このように実は2代目ロードスターに勝るとも劣らない戦闘力を持ち合わせているMR-Sだが、新車当時はスポーツカー冬の時代だったこともあってそこまで人気車種とはならなかった。しかし、昨今の国産スポーツカー高騰の影響を受けて、MR-Sもジワジワと中古車価格を上げているというのが実際のところ。

 まだ全部が全部高いというわけではないが、低走行・高年式のものは軒並み価格がアップしており、手頃なMR-Sを狙うのはラストチャンスというのが正直なところだ。今後はこんな遊び心のカタマリのようなモデルが登場することは期待できないため、気になる人は早めに行動したほうがよさそうだ。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

食わず嫌いはもったいない!BYD SEAL驚愕の加速性能【工藤貴宏】
食わず嫌いはもったいない!BYD SEAL驚愕の加速性能【工藤貴宏】
グーネット
日産 「ノート オーラ NISMO」をマイナーチェンジ 新たに4WD車を設定【動画あり】
日産 「ノート オーラ NISMO」をマイナーチェンジ 新たに4WD車を設定【動画あり】
グーネット
ヌービルがコースオフのシェイクダウンはヒョンデ1-2。勝田と地元セスクも好調/WRCラトビア
ヌービルがコースオフのシェイクダウンはヒョンデ1-2。勝田と地元セスクも好調/WRCラトビア
AUTOSPORT web
プジョー、ニコ・ミューラーの今季限りでの離脱を発表。後任は宮田莉朋のチームメイトが有力か
プジョー、ニコ・ミューラーの今季限りでの離脱を発表。後任は宮田莉朋のチームメイトが有力か
AUTOSPORT web
楽しさと完成度はクラストップ! トヨタ・ヤリス・クロスへ試乗 130馬力のHV追加で競争力強化
楽しさと完成度はクラストップ! トヨタ・ヤリス・クロスへ試乗 130馬力のHV追加で競争力強化
AUTOCAR JAPAN
ファン・ホーペンが予選最速。セッションはタイトル候補ブラウニングのクラッシュで赤旗終了に|FIA F3ハンガロリンク
ファン・ホーペンが予選最速。セッションはタイトル候補ブラウニングのクラッシュで赤旗終了に|FIA F3ハンガロリンク
motorsport.com 日本版
3連覇に向けTeam HRCが会見。初参戦のザルコは「とても安定して自信を持って走ることができた」とレースへ期待/鈴鹿8耐
3連覇に向けTeam HRCが会見。初参戦のザルコは「とても安定して自信を持って走ることができた」とレースへ期待/鈴鹿8耐
AUTOSPORT web
マツダCX-30がグレード体系刷新の商品改良。レトロモダン世界観をテーマにした特別仕様車も
マツダCX-30がグレード体系刷新の商品改良。レトロモダン世界観をテーマにした特別仕様車も
AUTOSPORT web
美しすぎる新型「爆速スポーツカー」世界初公開! 専用開発の「V型10気筒エンジン」搭載で“1200馬力”を発揮! まさに公道を走る“戦闘マシン”新型「RB17」とは
美しすぎる新型「爆速スポーツカー」世界初公開! 専用開発の「V型10気筒エンジン」搭載で“1200馬力”を発揮! まさに公道を走る“戦闘マシン”新型「RB17」とは
くるまのニュース
ロシアの『ウラルカリ』社、ハースF1からの返済が裁定通りに行われていないと主張。マシンの引き渡しに関する返答もなし
ロシアの『ウラルカリ』社、ハースF1からの返済が裁定通りに行われていないと主張。マシンの引き渡しに関する返答もなし
AUTOSPORT web
『レンジローバー・スポーツ』に古代神話と宇宙からインスピレーションを得た5台の特別な限定車
『レンジローバー・スポーツ』に古代神話と宇宙からインスピレーションを得た5台の特別な限定車
AUTOSPORT web
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
スマート・フォーツー復活へ 後継車開発まもなく始動? 新型「#2」採算性が課題に
AUTOCAR JAPAN
日産ノートオーラNISMOに待望の4WD追加! ちょっと刺激的なドライビングフィールを体感する
日産ノートオーラNISMOに待望の4WD追加! ちょっと刺激的なドライビングフィールを体感する
レスポンス
ホンダ、鈴鹿8耐予選は3番手に甘んじるも焦りナシ。トップ10予選は「舐められないタイム」が出ればOK?
ホンダ、鈴鹿8耐予選は3番手に甘んじるも焦りナシ。トップ10予選は「舐められないタイム」が出ればOK?
motorsport.com 日本版
ロールス・ロイスが地元小学生と一緒にレーシングカーを製作! どうして高級車メーカーが子どもの学びをサポートするのでしょうか?
ロールス・ロイスが地元小学生と一緒にレーシングカーを製作! どうして高級車メーカーが子どもの学びをサポートするのでしょうか?
Auto Messe Web
「F1には絶対に行きたい」打倒ワークスに燃える感情派の大学生ドライバー【ネクスト・スター Vol.1/森山冬星】
「F1には絶対に行きたい」打倒ワークスに燃える感情派の大学生ドライバー【ネクスト・スター Vol.1/森山冬星】
AUTOSPORT web
エーオン・ネクスト・ヴェローチェのハンセン&テイラー組が完全制覇/エクストリームE第3-4戦
エーオン・ネクスト・ヴェローチェのハンセン&テイラー組が完全制覇/エクストリームE第3-4戦
AUTOSPORT web
ハースF1小松代表、7シーズンにわたるマグヌッセンの貢献に感謝「今後も何らかの形で一緒に仕事を続ける方法を見つけたい」
ハースF1小松代表、7シーズンにわたるマグヌッセンの貢献に感謝「今後も何らかの形で一緒に仕事を続ける方法を見つけたい」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

73件
  • このように煽る必要はないと思うのです。投機目的が増えて高くなったら、本当に欲しい人は乗れなくなってしまう。
    最近はこんなのが多いですね。
  • これ書いた記者って中古買取業者で働いてたらしいね。
    グルになって一儲けか。怖い怖い。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索
MR-Sの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

207.9236.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

40.0358.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村