サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 元ルノーF1代表がついにタトゥーを入れる。表彰台獲得の賭けに勝ったリカルドがSNSでその様子を公開

ここから本文です
 何カ月にもおよぶサスペンスと期待に耐えた元ルノーF1のマネージングディレクター、シリル・アビテブールは、ダニエル・リカルドとの賭けを認めタトゥーを入れることになった。

 2020年にふたりは、リカルドがルノーにトップ3フィニッシュをもたらしたら、アビテブールがタトゥーを入れるという賭けをした。審判の日はニュルブルクリンクで第11戦アイフェルGPが開催された10月11日となった。リカルドはルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)についで3位フィニッシュを飾ったのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン