サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル 中村社長「われわれは本気で死亡事故ゼロを目指す」…スバル技術ミーティングで中長期の環境や安全方針

ここから本文です
SUBARU(スバル)は1月20日、都内の本社で中村知美社長や大拔哲雄専務執行役員(CTO)が出席して報道関係者向けの技術ミーティングを開いた。

このなかで中村社長は、脱炭素社会への貢献を図る環境対応の長期目標や、スバル車が関与する死亡交通事故ゼロに向けた安全技術開発などの方針を提示した。環境対応では2050年に新車の走行時平均でのCO2(二酸化炭素)の排出量を、油井から車輪までを意味する「Well-to-Wheel」ベースで2010年の実績から90%以上の削減を図ることとした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン