サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロバート・クビサ、F1テストドライバーと並行してBMWのカスタマーチームからDTMにも参戦? パーソナルスポンサーも関与か

ここから本文です

ロバート・クビサ、F1テストドライバーと並行してBMWのカスタマーチームからDTMにも参戦? パーソナルスポンサーも関与か

ロバート・クビサ、F1テストドライバーと並行してBMWのカスタマーチームからDTMにも参戦? パーソナルスポンサーも関与か

 2019年、F1レギュラードライバー復帰を果たしたロバート・クビサ。しかし所属したウイリアムズのマシンの戦闘力は低く、シーズンを通して苦戦を強いられた。

 クビサは、1年限りでウイリアムズを離脱。2020年シーズンはアルファロメオのリザーブドライバーを務めることになっている。

■F1視聴スタイルの将来は? 2019年のF1全世界視聴者数が明らかに

 しかしクビサは昨年から、F1でサードドライバー的な役割を担いつつも、いずれかのレースに参戦したいという意向を語っていた。その最有力候補として考えられてきたのは、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)である。

 昨年12月、クビサはヘレス・サーキットで、BMWのDTMのマシンをテストしている。motorsport.comが取材したところによれば、アルファロメオと契約を結んでいるものの、クビサはDTMに参戦することができる内容になっているようだ。

 BMWのDTMファクトリーチームは、ブルーノ・スペングラーがIMSAに参戦することになったため、まだ空席が残っている状態だ。クビサはこの枠に収まるものとみられていた。しかし最新の情報では、新たに参戦するBMWのカスタマーチームに、クビサが加入することになりそうだ。というのも、この新チームは、クビサの個人スポンサーでありアルファロメオにスポンサードを行なうPKNオーレンからの資金提供を受けることになるというのだ。

 このBMWのカスタマーチームの計画は、アストンマーチンのDTMのプロジェクトが不確実であることにより、拍車がかかったと考えられている。アストンマーチンはHWAとの提携を解消することになったため、まだエンジンが未定の状態なのだ。

 なおクビサは、アルファロメオでの役割と並行して別カテゴリーに参戦することで、苦労する可能性があることを認める。

「レースをすることは、僕にとっては常に優先事項だった。それが、僕がレーシングドライバーになった理由だ」

 クビサはポーランドの放送局、TVP Sportにそう語った。

「ラリードライバーでもあったけど、それは実際には、レースのDNAでもある。それはまだ、僕の目標だ。とはいえ、ふたつのプログラムを組み合わせる必要があるため、状況は異なる」

「それは簡単なことじゃない。時間や、僕がどう注力するかということだけではないんだ。他の側面もある」

 実際に2020年の両カテゴリーのカレンダーを見てみると、日程がバッティングしている週末が3つある。カナダGPの週末にはアンデルストープ、フランスGPの週末にはモンツァ、イタリアGPの際にはアッセンで、それぞれDTMのレースが行なわれる予定だ。

「僕はF1のほぼすべてのレースに帯同する」

 そうクビサは語った。

「ドライバーが欠場した場合には、僕が代わりにレースに出るんだ」

 なおクビサのパーソナルスポンサーであるPKNオーレンは、F1と並行してDTMに参戦するかどうかは、クビサ次第だと語る。

「これはロバートの仕事だ」

 PKNオーレンのダニエル・オバテクはTVP Sportにそう語った。

「我々がノーと言うことはない。ロバートもノーと言うことはないだろう。しかし、どうなるか見てみよう。おそらく、すぐに何らかのニュースがあるはずだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します