サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ドゥカティ祭り! バニャイヤ筆頭に6台トップ10入り/中上Q2進出|MotoGPイタリアFP3

ここから本文です

 MotoGP第8戦イタリアGPのフリー走行3回目がムジェロ・サーキットで行なわれた。このセッションでトップタイムとなったのは、ドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤだった。

 ムジェロ・サーキット周辺は前日まで降雨の予報となっていたが、FP3開始時点では天候は晴れ。気温25℃、路面温度は34℃というコンディションだ。

■アプリリアがMotoGPバイクに『リヤウイング』投入! 過熱する空力開発、その目的は?

 FP3は開始直後に、マルコ・ベッツェッキ(VR46)がターン1のグラベルに入り込んだ際にスタックし転倒。マーシャルの手を駆りて救出された。またジャック・ミラー(ドゥカティ)も、ターン8のグラベルでマシンをストップしてしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ