サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高齢者の免許制度改定と「サポートカー限定免許」注意すべき点とは【岩貞るみこの人道車医】

ここから本文です

2022年5月13日、改正道路交通法が施行され、高齢者の運転免許制度が改定された。

これまで、70歳以上(75歳以上は認知機能検査で認知症のおそれがない人)は高齢者講習が義務付けられ、(1)講義(座学)、(2)運転適性検査、(3)実車指導が行われていたが、今回、新たに、75歳以上で一定の違反歴がある人に対しては、この高齢者講習の前に、実車で規定のコースを走る運転技能検査が追加された。

認知機能の有無にかかわらず、実際に運転できるのかを確認する流れは、池袋や福岡で続けざまに起きた高齢者による死亡事故の影響は否めない。

おすすめのニュース

サイトトップへ