サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1アブダビGP決勝レポート:ハミルトンが圧巻の独走V。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが2位表彰台

ここから本文です
 F1世界選手権第21戦アブダビGPの決勝がヤス・マリーナ・サーキットで行なわれ、今季のワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトン(メルセデス)が独走でポールトゥウインを飾った。

 2019年のF1もこれが最後のレースとなった。前日に行なわれた予選の結果からハミルトンがポールポジションを獲得し、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がフロントロウに並んだ。2列目はフェラーリ勢が占め、予選2番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)はパワーユニット交換により最後尾からのスタートとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ