『半年ちょっと本気で走り回った感想。』 フォルクスワーゲン up! の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > フォルクスワーゲン > up! > 口コミ・評価一覧 > 半年ちょっと本気で走り回った感想。

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『半年ちょっと本気で走り回った感想。』の口コミ

  • 半年ちょっと本気で走り回った感想。

    総合評価: 4.0

    投稿日:2019年7月19日

    投稿者:くろちーず。 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:フォルクスワーゲン up!
    グレード:GTI_RHD(MT_1.0) (2018年式)

    総評
    もちろんこの車の良さや魅力が購入のきっかけになった人も多いでしょうが
    「限定車」っという魔法の言葉に背中を押されて購入した人も多いと思います。

    蓋を開けると発表前には当初の輸入台数は予約販売済みで急遽輸入枠増加。
    その後カタログモデルとして通常販売開始。
    この辺りで熱が冷めた人も多いのではないでしょうか。


    車の出来は良いと思います。
    VWが持っている物の中からうまくチョイスして「特別な部品」を使わなくてもキチンとGTIになってると感じました。この価格でこの内容だったらかなり頑張っているほうだと思います。

    GTIというグレードをメーカーがどう思っているかわかりませんが
    満足している点
    これから希少になるであろうコンパクトホットハッチ+6MTの組み合わせ。

    小さくても車に詳しくない人がみても「輸入車」とわかる佇まい。
    車に詳しい人が見ても「GTI」という特別感を感じることができる車。

    当初は限定車という事もありなおさら希少価値も高くほかの人と被ることがなく所有欲を満たしてくれる良い車だったと思います。
    不満な点
    装備に関しては
    ・オートパワーウィンドウがない
    ・純正オーディオシステムが微妙
    ・サイドミラーの電動格納がない
    このあたりは何とかしてほしかった。

    後はタイヤサイズが特殊すぎ+デカすぎる。
    このボディサイズで17インチはどう考えてもデカいし重い。普通に乗っていればバネした重量が重く「足回りが締まってる印象」をうけるがある一定ラインを超えると足回りがついてこない。

    後はスポーツ走行には向かないシート。街乗りでは問題ないが強い横Gで全然体を固定できなくて大変でした。
    リアのブレーキがドラムなのも気になりましたがこの車重なら必要なしとの判断だったんでしょう。
    スポーツ走行をする車としてはEPSの解除ができないのも×
    個人的には結構嫌な介入の仕方でした。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする