フォルクスワーゲン ティグアン 「全方位的に基本性能の高いSUV」のユーザーレビュー

MarkLevinson MarkLevinsonさん

フォルクスワーゲン ティグアン

グレード:ディナウディオエディション_RHD(DSG_1.4) 2018年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
4
乗り心地
5
燃費
3
デザイン
3
積載性
3
価格
2

全方位的に基本性能の高いSUV

2021.12.30

総評
家族で安心して楽に長距離移動が可能なSUV
満足している点

・運転支援システムの制御が秀逸で長距離移動が楽
・運転支援システム使用時に右足を置くフットレストまで装備
・アンドロイドオート対応なので車でAmazon Musicが聴ける
・DYNAUDIO仕様なのでそこそこ音質が良い
・高速走行時の安定性はドイツのアウトバーン走行にも十分耐えうるお墨付きレベル
不満な点
・日本車トヨタ車ではほぼ見かけないシステムエラーがごくたまに発生(ミリ波レーダーエラー、DSG制御プログラムエラー)
・超音波センサーの感度が高すぎて、まだまだ余裕あるのに警告音がうるさい
デザイン

3

直線を多用したシンプルなデザインは好みが分かれると思うが、個人的には鋭い目つきのヘッドランプのデザインが好き
走行性能

4

1.4Lとは思えない、ターボ加速
乗り心地

5

少し固めだが、乗り心地も良いので、全く問題無し
SUVの重心の高さでこの乗り心地、安定性は素晴らしいと思う。
積載性

3

大き目のスーツケースでも普通に積める
いざとなれば、リアシート位置を前方に移動させ、ラゲージの拡大も可能
燃費

3

ターボ装着と引き換えにダウンサイズされた排気量と、気筒休止システムの恩恵もあり、高速で15km/程度の燃費と非常に良好
価格

2

欧州市場向けは価格レンジ広めだが、日本市場向けは高めのレンジに絞ってる感じ。
輸送費や円安トレンドを考えると、廉価帯では国産SUVとは勝負しにくいからかもしれない。
ガチ競合はトヨタだとハリアーかRAV4あたりだが、価格面では圧倒的にトヨタの方がお買い得感あり。
どうしてもVWの走りや装備、ブランドを求める人でないと買わないと思う。

人気のSUVなので、そこそこリセールはありそうだが、輸入車ということで、国産車と比べるとリセールは低くなりそう。
故障経験

年に1回程度のミリ波レーダーエラー(数時間で自動的に復帰)

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フォルクスワーゲン ティグアン 新型・現行モデル