現在位置: > > > > > ドイツ生まれの軟弱日本車 かなり昔の事...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『ドイツ生まれの軟弱日本車 かなり昔の事ですので私の勘違い部分もあるかも知れませんのでご了承下さい。この車が販売された時は日本の高い生産技術とドイツ車の』の口コミ

  • ドイツ生まれの軟弱日本車 かなり昔の事ですので私の勘違い部分もあるかも知れませんのでご了承下さい。この車が販売された時は日本の高い生産技術とドイツ車の

    総合評価:10点満点中6点

    投稿日:2008年8月26日

    投稿者:-

    乗車形式:仕事用

    メーカー・モデル:フォルクスワーゲン サンタナ
    グレード:Gi(AT) (1987年式)

    総評
    ドイツ生まれの軟弱日本車
    かなり昔の事ですので私の勘違い部分もあるかも知れませんのでご了承下さい。この車が販売された時は日本の高い生産技術とドイツ車の剛性の高い車台・多少うるさいがトルクの出方が気持ちの良いエンジンで最上の実用車がゴルフより安価で買えメンテナンスも日産でできると期待したものです。しかし、期待はあっさり裏切られてしまいました。乗ってみて愕然としました。端的に言うと国産車とドイツ車の悪い部分が一緒になってしまったと感じました。仕事柄数年に渡り色んなグレードを4~5台乗りましたが最終まで改善されなかったように思います。最近もトヨタのキャバリエの例もありますが本国の設計のまま生産すれば日本のノウハウでより素晴らしい車になったのではと素人的には考えます。
    満足している点
    いかにもドイツ実用車の無骨な内外のデザイン・シンプルで扱い易いエンジン
    不満な点
    ベースがドイツ車とは思えない妙に軽くすわりの悪いステアリング・出来の悪い内装(ゴム類の接着が剥がれてくる。)上記2点だけでめげてしまい高速走行等はしなかった気がします。以下は当時のVW車には共通で短所とは言えないかもしれませんがエンジン音がうるさい・アイドリングで結構震える。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)