現在位置: > > > > > 最後のまじめな国産?車 乗っていたルノ...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『最後のまじめな国産?車 乗っていたルノーが壊れてしまったのでポンコツ屋に持っていったときに見かけ、ただ同然で貰ってきました。ひどい車でしたが、お金がな』の口コミ

  • 最後のまじめな国産?車 乗っていたルノーが壊れてしまったのでポンコツ屋に持っていったときに見かけ、ただ同然で貰ってきました。ひどい車でしたが、お金がな

    総合評価:10点満点中2点

    投稿日:2008年3月2日

    投稿者:-

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:フォルクスワーゲン サンタナ
    グレード:Gi (1987年式)

    総評
    最後のまじめな国産?車
    乗っていたルノーが壊れてしまったのでポンコツ屋に持っていったときに見かけ、ただ同然で貰ってきました。ひどい車でしたが、お金がなく3年も乗ってしまった。いま考えるとそんなに悪い車ではないような気もしますが、当時は悪態ついて蹴り飛ばしながら乗っていました。そういう使い方が一番似合うような車だと思いますよ。高級車気取りで乗るような車ではない、今でいう日産クルーみたいな感じでしょうか?
    なぜか女の子ウケが良かったのは、私自身を褒めようがなかったからでしょうか?でも車を見渡しても褒めるところがあるわけもなく、「レトロデザインでかっこいい」くらいのものでしたが。好きで乗っていると思われるのが嫌で、ほんとうによくドアを蹴りました。
    満足している点
    肝心なところは丈夫だがどうでもいい所(人によって異なるでしょうが、ワイパーや防水ゴムや内張り、ラジオやメーターなど)はみんな壊れてました。長所ではないか?
    シートだけはヘタってなかったですね。バンパーは丈夫!メルセデスのバンパーにぶつけたけれどもサンタナのバンパーは凹みませんでした。メルセデスのオーナーには怒られたけど。
    ボディもいい感じでヤレていて、塗装がしらっちゃけているところに愛着を感じましたね、いま思えば。あまりに汚いのでみんなが避けてくれる車でした。インディーズの映画なんかに使われたらカッコよかったんじゃないかな?
    一応まっすぐ走ったような気がします。雪にはとても強かったです。国産のFF車が登れない坂でも平気で登れました。しかもノーマルタイヤで。
    不満な点
    ゴルフも何台か乗りましたが(初代)比べるとサンタナの方が軟弱でした。日産も作ったはいいけど、どうやって売っていいのか解らなかったんでしょうね。とにかく地味な車でしたが、初めて外国車に乗る人にはちょうど良かったのかな。ワーゲンの悪い所が全て凝縮されたセダンで、ワーゲンさえも「なんでこんな車つくっちゃったんだろう?」と思っていたんじゃないでしょうか?しかも乗っていたのは4気筒の1800ccだったので、ノロイノロイ!なんでこれを売っていたのかなあ・・・新車を買った人はさんざんでしたね。本当に嫌いな車でしたが、写真ぐらいは撮っておいても良かったかな?犬が怒られたときのような申し訳なさそうなフロントグリルが思い出されます。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする