現在位置: carview! > カタログ > フォルクスワーゲン > サンタナ > 口コミ・評価一覧 > 【備忘録】1988年、中古の国産クーペを探す...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『【備忘録】1988年、中古の国産クーペを探すなか、情報誌でMT車のため安かったサンタナを発見、CB50JXで旧尾西市へ出かけ国産との違いに触れ即決しま』の口コミ

  • 【備忘録】1988年、中古の国産クーペを探すなか、情報誌でMT車のため安かったサンタナを発見、CB50JXで旧尾西市へ出かけ国産との違いに触れ即決しま

    総合評価: 4.0

    投稿日:2011年1月10日

    投稿者:KMX さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:フォルクスワーゲン サンタナ
    グレード:2000Xi5 5MT (1985年式)

    総評
    【備忘録】1988年、中古の国産クーペを探すなか、情報誌でMT車のため安かったサンタナを発見、CB50JXで旧尾西市へ出かけ国産との違いに触れ即決しました。

    意外にトラブルフリーで、9年間で修理はウォーターポンプ、燃料計フロートセンサー程度でした。
    末期には走行中にECUダウンと思われるエンジンストールが発生しましたが、結婚を期に修理を待たず廃車になりました。

    サンタナのATは3速でしたが5速MTを選んだこと、またサンタナの名称では後継車も出なかったことで、飽きずに長く乗ることが出来ました。
    満足している点
    国内販売台数が少ないゆえ古びないデザイン(デビュー時から古臭かったけどね)
    高速やコーナーでの操縦安定性
    ボディ剛性の高さ、外板・塗装のタフネスさ
    内装、エアコンとも日本の気候に耐えた
    剛性高く疲れないシート
    日産でメンテナンス可能
    不満な点
    前後オーバーハングが大きく、1150kgと軽い車体の割りに旋回時の慣性が大きい
    フロントヘビーでリアの接地感に不安
    原因不明のエンジンストールが発生(走行中にクラッチ切って再始動できた)

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする