フォルクスワーゲン ポロ 「MT最高。」のユーザーレビュー

sunpaulo78 sunpaulo78さん

フォルクスワーゲン ポロ

グレード:GTI 4ドア_RHD(5ドア_MT_1.8) 2005年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

MT最高。

2017.5.25

総評
ノーマルでもよく走ります。
ボディの剛性など弱いところを少し補ってやるだけで街中や山道をずいぶんと気持ちよく走れます。

満足している点
MTなのでシフトチェンジできびきび走ります。高速走行も安定。
小さいけど居住空間は大人4人乗車でも見た目より狭く感じない。
腰痛持ちだが、チルト・アンド・テレスコピックハンドルとシートリフターで細かい調整が可能でシートのサポートも良く長時間運転も負担にならない。

不満な点
①発進がかなり遅いのでスロコンで対応。
→ 取付後、しばらくしてからガソリンをエネオス・ヴィーゴからシェル・Vパワーに変更したらエンジンが低回転からスムーズにトルクを発生するようになった(エンジン音も静かに)ので、アクセルぺダルを少しだけ踏み込むことを意識すればスロコンは必要なかったかも……

アクセルの踏み込み量を発進時や低回転時に小さくするのが目的ならスロコンは有効。

②窓落ちが発生したので正規ディーラーで修理してもらったらワイヤー切れで、アッセンブリー交換修理代、約4.5万円也。あと3枚窓がある…。

③ルーフの内装剥がれが発生、修理代7万円。

④内装のプラスチック部品が経年劣化でべたつく。


新車登録から10年落ち、38,000㎞走行の車両を購入したので故障は覚悟していたが、やっぱり修理費が高い。(持病とよばれる故障、部品交換が多い)

すでに高年式車なので今後、ゴム・プラスチック製の外装・内装、エンジン・足廻りの部品の劣化にどう対処していくかが悩ましいです。



デザイン

-

走行性能

-

小さな車体にパワーのあるエンジン、ハンドリングも良くて乗るのが楽しみになる車です。

乗り心地

-

10年落ちで購入した車両ですが、納車時からへたっていたショックユニットをKONIに交換しています。純正よりも堅めですが、高速道路での直進時の安心感が増し、交差点を曲がるときも思い通りのラインを走れます。

cpm(DIY)、リジカラ(ショップ)を装着したので車体の剛性が高まり室内のガタピシ音などが減少して静粛性が向上、発進時の振動もフロントロアアームのブッシュ交換と相まってかなり減少しました。

車体剛性が上がってサスがしっとり動き、発進時のペダル操作もやりやすくなりました。
タイヤの空気圧がサスの動きにかなり影響があります。

その後、ガソリンをSHELL V-Powerに変更したところ、エンジンのレスポンスに好影響があり、低回転からでもスムーズにエンジンが回るようになりました。発進時のアクセルのペダル操作に以前ほど気を使わず、クラッチ操作がとても楽にスムーズに行えるようになりました。
積載性

-

後席シートが前に倒れ、荷室に高さがあるので大きく開くテールゲートと相まってそこそこの大物荷物が積めます。
燃費

-

通勤(片道13キロ 約40分)メインだと8キロほど。
価格

-

故障経験
①ラジオ用アンテナが炭化
 新車登録時から10年 38,000㎞走行
→ 社外品を購入してDIYで交換

②ギャップを超えるときのFサスペンションからのガコンガコンという異音
 新車登録時から10年 38,000㎞走行
→ 購入店から正規ディラーに持ち込んで修理
(応急処置だが、それでも音は収まった。その後に症状が再発したので、この時点でブッシュがダメになっていたと思う。発進時にクラッチつないだ時のしゃくるような挙動も、ブッシュの劣化が原因のひとつとはこの時は分からなかった)

③ハイマウントのストップランプカバー外れ
 新車登録時から10年 38,000㎞走行
→ 購入店で修理

④後席右側ドアの窓落ち
 新車登録時から10年5か月 42,000㎞走行
→ 正規ディラーで修理

⑤リアゲートダンパー交換
 新車登録時から10年6か月 44,000㎞走行
 納車時からリアゲートが上がらず手で持ち上げる状態。ゲートを開けてから下がってくることは無かったが、わずかな力で勢いよく閉まり危険に思った。
→ 中華製純正品をオークションで購入、DIY

⑥ステアリングギアボックス交換
 新車登録時から11年 45,000㎞走行
→ エレクトロハイドロリックパワーステアリング警告灯が点灯と消灯を繰り返し、一瞬イグニッションオフのような状態になります(エンストはしない)。しばらくすると警告音とともにEPSやABSの警告灯も点滅してハンドルがめちゃくちゃ重くなりました。
→ ショップで修理

⑦ヒューズ交換 
 新車登録時から11年 45,000㎞走行
→ ⑤の症状が修理後も完全に収まらず、60㎞走行後にABS警告灯の点灯と同時にブレーキシステム警告灯が点滅、警告音がピー、ピーと鳴りひびきまたもハンドルがめちゃくちゃ重くなりました。
みんカラのお友達にアドバイスを頂き、バッテリーの上にある板ヒューズを交換(破損していた)したら治まりました。
→ ショップで修理

⑧ルーフ内装剥がれ
 新車登録時から11年4か月 46,000㎞走行
→ 最初ルーフの真ん中あたりの生地が剥がれ、天井と内張りの布に隙間がある状態が発生してから3か月ほどで前後の室内灯周りから捲れて落ち出したので修理。DIY修理を検討するが手間と仕上がり、作業スペースの確保などを考えショップで修理。

⑨フロントロアアームブッシュ交換
 新車登録時から11年4か月 46,000㎞走行
→ ②の症状が冬になると再発。ブッシュは4点式の強化版がグラグラでした。AUDIのS3純正品(樹脂がギュッと詰まってる)が走るのが好きな人にはお勧めとのこと。
→ ショップで交換。

⑩フロントシャフトブーツ破れ
 新車登録時から11年4か月 46,000㎞走行
→ サス交換時に発見。左側だけだったが予防修理で左右ともショップで交換。

⑪スタビライザーリンクジョイント部ラバー破れ 
新車登録時から11年4か月 46,000㎞走行
→ サス交換時に発見。左側だけだったが予防修理で左右ともアームごとショップで交換。

⑫サスペンションユニット交換
 新車登録時から11年4か月 46,000㎞走行
→ 納車後すぐに高速走行時にフロントが浮いたように感じるハンドルが軽くなった現象がありショップに相談、純正のショックがヘタっているとのことだったので、フロントロアブッシュの交換やその他の部品取り付けと合わせてKONIに交換。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

フォルクスワーゲン ポロ 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離