現在位置: > > > > > 新車(フォルクスワーゲン ポロ)の取得について、...

『新車(フォルクスワーゲン ポロ)の取得について、...』:フォルクスワーゲン ポロ

解決済み新車(フォルクスワーゲン ポロ)の取得について、購入とリースを迷っています。

新車(フォルクスワーゲン ポロ)の取得について、購入とリースを迷っています。リース会社のHP等だと、リースの方が、ボリュームディスカウント・諸費用も含まれて簡便・残価分は資金負担なく取得できる、等のメリットがあると書いてありますが、実際のところどうなんでしょうか?

有利不利について、具体的にご教示いただければと思います。

補足
「ボリュームディスカウント」というのは、リース会社は個人と比べると大量仕入が可能であることから、メーカーから個人よりも大幅なディスカウントを引き出しやすく、その結果、割安なりース料として還元できるという趣旨のようです。

ベストアンサーに選ばれた回答

ボリュームディスカウント・・・大幅値引きでということでしょうか?
リースの料率考えればそれでも総支払額は購入したほうが安いと思います。
当然キャッシュか銀行ローンの利用がべストです。
個人で使用するならリースのメリットは無いでしょうね。
今一度総支払額を計算してみましょう。
保険や整備面のプログラムも考慮に入れて計算してみてください。
それから残価のはあくまでも想定金額ですから・・・もし「その点保証・・・」みたいなことを言ってくるのであれば契約書に一筆書いてと要求していましょう。

そうですね。
リース会社は日立リースにしてもオリックスにしてもそういう謳い文句でお客をとっています。
唯一メリットとしては初期費用が少ない点ですがそうなるとVWのファイナンスプログラムと比較してみてください。
またリース担当者からリースに含まれる費用(車両や保険車検など、定期点検など)料率を聞いてみてください。
それを持ってVWの営業担当者と話してみると良いかもしれません。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

みんカラユーザーが酔いしれた 最新のアルファ ロメオの世界とは?

新型タント 快適な走りと運転支援に妥協なし

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

みんカラ サーキット チャレンジ #9 アップダウンが楽しい岡山国際

pitte

オールシーズンタイヤ3選を試してみた

中古車フォルクスワーゲン ポロアクセスランキング
  1. 1位 TSI Rライン
    TSI Rライン
    2,737,000円(東京)
  2. 2位
    GTI
    3,199,000円(大阪)
  3. 3位
    GTI
    2,999,000円(埼玉)
  4. 4位
    GTI
    3,180,000円(埼玉)
  5. 5位
    TSI コンフォートライン
    300,000円(千葉)

※2019年12月6日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)