『VWアルテオン試乗~実は、フォルクスワーゲン流峠スペシャル~』 フォルクスワーゲン アルテオン の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > フォルクスワーゲン > アルテオン > 口コミ・評価一覧 > VWアルテオン試乗~実は、フォルクスワーゲン...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『VWアルテオン試乗~実は、フォルクスワーゲン流峠スペシャル~』の口コミ

  • VWアルテオン試乗~実は、フォルクスワーゲン流峠スペシャル~

    総合評価: 4.0

    投稿日:2018年10月10日

    投稿者:凌志 さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:フォルクスワーゲン アルテオン
    グレード:Rライン 4モーション アドバンス_RHD_4WD(DSG_2.0) (2017年式)

    総評
    日本市場におけるフォルクスワーゲンの最高級車ながら、峠道が大の得意。反面普段のノーマル/コンフォートモードでは、私のゴルフCLと大差ない乗り味なので、もう一工夫欲しいところ。
    週一回は峠道を1人~2人で走りたい人向け。ただし、同乗者は、スポーツドライビングに理解がある人でないと無理。
    満足している点
    走る、曲がる、止まるの基本性能が秀逸。特にスポーツモードで峠道を駆けた時に、思い通りに安心して走ることができること。アクセルオンにした時の、後輪がいかにも地面を蹴っている感覚と、自然な操作でギュッと効くブレーキが気に入った。
    ロー&ワイドな流麗なスタイリング。
    20インチタイヤを見事に履きこなした、不満のない乗り心地。
    ハンドル内のスイッチが、ゴルフと同じレイアウトなのに別パーツを使っていること。


    不満な点
    コンフォートモードやノーマルモードでも、もう少しスポーティさの演出が欲しい。街中で緩く転がしていると、この車の真価が理解できない。
    「自動車」に対する価値観の違いと思うが、いかにも「機械(道具)を動かしている」という感覚がある。官能的要素は薄い。それがフォルクスワーゲンの特質とは思うが。
    20インチタイヤで山坂道を駆け回ると、タイヤの維持費が心配。
    ドア本体とサイドガラスとの間に「段差」があり、鋭角状になっているため、ドアノブを握って慎重にドアを締める必要がある。服を引っ掛けないか心配である。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする