『トヨタ・アクアとヴィッツハイブリッドの違いを教えてくだ...』 トヨタ ヴィッツ のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > ヴィッツ > みんなの質問 > トヨタ・アクアとヴィッツハイブリッドの違いを...

『トヨタ・アクアとヴィッツハイブリッドの違いを...』:トヨタ ヴィッツ

解決済みトヨタ・アクアとヴィッツハイブリッドの違いを教えてください。どちらがおすすめですか?

トヨタ・アクアとヴィッツハイブリッドの違いを教えてください。どちらがおすすめですか?

ベストアンサーに選ばれた回答

アクアオーナーです。アクアとヴィッツハイブリッドは事実上の兄弟車です。どちらも先代(2代目)ヴィッツのプラットフォーム(車台)の上に、先々代(2代目)プリウスの1.5リッターエンジンベースのトヨタハイブリッドシステムを搭載しています。車体の大きさや車両重量もほぼ同じであり、動力性能や実燃費も同じくらいです。

では両車の違いは何かというと、ターゲットとする海外の自動車市場が違います。
アクアは北米市場のプリウスオーナー向けに、セカンドカー用途のクルマとして開発されたものです(現地名プリウスC)。セカンドカーのため見た目の良さと低価格を重視し、実用性には重きを置いていません。天井が低いため後席や荷室の空間が狭いです。
対してヴィッツは欧州市場向けのベーシックカー(現地名ヤリス)として開発されています。欧州ではこのクラスでもファーストカーになり得ますので、天井を高めにして大人4人乗車が問題なくこなせる程度の実用性を備えています。

以上より、後席の利用が多ければヴィッツ、1~2名乗車が中心ならアクアがよいかと思いますが、外観や内装は好みもありますので実車でお確かめください。

回答一覧

6件中 1~6件
  • こんな処で質問するよりyou tubeに比較や内外装、試乗した動画が沢山UPされてるから視聴して参考にしたらどうでしょうか。私はトヨタ・アクア、ホンダ・ヴィッツハイブリッド、日産・ノート e-POWERの3台を候補に上げネットで性能や仕様を調べyou tubeの動画を見てから試乗した結果つい先日、日産・ノート e-POWER Xを購入する事にし契約してきました。今迄はトヨタ車を乗り継ぎHVも乗っていましたが全く新しい走りの感覚に魅かれたからです。動画で色々調べ実際に試乗して納得して買うのが良いですよ。それと買替するなら決算前の2月中頃まではディラーも決算で売上を上げようと必死ですから値段交渉するチャンスです。各社共同クラスで装備が同じであれば価格は殆ど同じです。私が買った車の仕様は下記になるので参考にしてみてください、最終は定期点検25000円と別に購入するレーダー探知機の取付工賃と納車車燃料満タンの条件で240万円の出費になりました。 http://simulation.nissan.co.jp/NOTE/G66/B06/I01/MMM/M08-M71-Dz2-D34-D6a-D48-M13-D77-D79/RESULT/

  • (燃費)は、同じ
    (外観 )好み
    (内装) アクアが上、ヴィッツがちょっとさえない。
    (後部の天井) アクアが低い、ヴィッツが乗りやすい。
    (構造) アクアが若干劣る。ヴィッツの方ががっちりしている。
    (リセールバリューム )アクアが上

    あなたが20・30代ならアクア。いつも二人乗りならアクア。
    50・60代以降ならヴィッツ。四人乗るならヴィッツ。

    コンパクトカーとしてHVとしてどちらも良い車です。迷いますね!!

  • <<<トヨタ・アクアとヴィッツハイブリッドの違い>>>


    **〖アクア〗は、Hybrid専用車種・・・・・

    **〖ヴィッツ・ハイブリッド〗は、ガソリン車との汎用シャーシ・・


    Hybridシステムは、基本的には、同等だが、
    ”ヴィッツ”は、ガソリン車との共用なので、
    専用種である”アクア”と比較した時に、Hybridの性能は多少犠牲。



    何れにしても、時代は既に、<<HYBRIDでは無い>>と思いますよ。



    バッテリーの経年劣化は、避けられない現実・・・。
    10年..10万Km..辺りが、
    賞味期限と(クルマ音痴の間にも)知れ渡ってきています。
    それ以降は、<HV>システム載せ替えしなければ、
    重い余分な、モノを積んだ燃費の悪い車に成り下がるだけ・・。



    ※実際に30~40万円高い<<Hybrid車>>と
    同格の<<非Hybrid車>>の、10万Km時点での燃料代の差額なんて、
    精々あったとしても・・7~8万円しか出てこないのが現実。
    <廃車に成るまで乗り続けても、永遠にHYBRID代は、元が取れない>



    今時の内燃機関のクルマ<非ハイブリッド車>は、
    燃費性能も飛躍的に伸びていて・・耐久性も格段の性能です。
    20年..30万km超えなんて、普通にメンテさへすれば楽勝の時代です。



    現状では、余程のメカ音痴・クルマ音痴じゃないと、
    **************Hybrid車なんて、見向きもしませんよ。
    <現実欧米では、全く売れていませんから・・・・・>



    国内でも、
    自販連の新車登録データ2017年度(1月~12月)で行くと・
    Hybrid専用車種<2車種しかない>である、
    プリウスは、前年対比64・8%
    アクアは、前年対比78・2%・・・・・と大幅に落ち込んでいる。



    その反面、*レンジエクステンダー<EV+発電ユニット>である
    日産ノートは、前年対比135・6%・・と大きく伸びている。
    <<その中の・・””e・Power””は。78%を占めているらしいよ。>>




    ▷・▶・▷・▶・▷・▶・▷・▶・▷・▶・▷・▶・▷・▶・▷・▶

  • 1番の違いは、トヨタの販売チャネルです。
    AQUAは4チャネル全てで取り扱ていますが、Vitzハイブリッドはネッツ店だけです。
    AQUAはそもそもVitzをベースとしたハイブリッド専用車です。
    日本ではAQUAですが、海外ではPriusCやYaris Hybridとして販売されています。

    Vitzハイブリッドは販売チャネルの差別化として導入されたようで、ほとんど仕様は同じです。
    AQUAが日本専用モデルに対して、Vitzハイブリッドは欧州Yaris Hybridがベースとなります。
    Vitzハイブリッドは全長が105mm長く、全高が45mm高いので、その分の居住スペースは広くなりますが、僅かな差です。
    ただ、ホイールベースが40mm短いので、直進安定性がAQUAの方が良いでしょう。

    VOXY,NORH,ESQUIREのような姉妹車と思っても良いでしょう。
    おそらく、ネッツ店でのAQUA販売はいずれ終了するものと思われます。

    リセールの点からはAQUAの方が有利ですし、日本の道路事象ではAQUAの方が良いと思います。
    ただ、ネッツ店が近くにあったり、少しは人と違った車に乗りたければVitzハイブリッドが良いでしょう。

    (takumanaさんへ)

  • 室内、荷室の広さはヴィッツ。
    ガソリンエンジンの設定が無いので、一目でハイブリッドとわかるならアクア。
    エンジン、モーター仕様は同じです。

  • 大差無しでは無いでしょうか
    若干ヴィッツの方が広く感じるかなって程度ですね

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。