現在位置: > > > > > 古さを感じさせない未来的なアルデオ

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『古さを感じさせない未来的なアルデオ』の口コミ

  • 古さを感じさせない未来的なアルデオ

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2017年3月31日

    投稿者:enjun さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:トヨタ ビスタアルデオ
    グレード:200S(AT_2.0) (2000年式)

    総評
    ✳️実用車としての完成度の高さ
    トヨタ初の直噴エンジン、前席ベンチシート、コラムシフト、6人乗り、デジタル式のセンターメーターといった当時としては大変珍しいタイプの車でしたが、今考えても実用車としての完成度はとても高い車でした。しかしながら販売台数は少なく、1998年に登場し、2002年に生産を終了した、1代限りの悲運な?車です。少し登場時期が早過ぎたため、アルデオの素晴らしさが十分認められなかったということかもしれません。
    縁あってアルデオに出会い、そして23万キロ以上を走行し、今では生産が終了したモデルでもう新車では購入できない、さらに爆発的に売れた車でもないが故に中古車市場でも流通量が少なく、今では程度の良いアルデオの中古車はめったに見ることが出来ません。このアルデオを今後も出来る限り、オリジナリティを保って日常の足として使用していきたいと考えています。
    満足している点
    ✳️ムーンルーフ
    メーカーオプションのムーンルーフと呼ばれるガラス製サンルーフが前席と後席の2箇所に装備されています。前席のサンルーフは手動でチルトアップ、後席のサンルーフは電動でチルトアップとスライディングが可能です。2つのサンルーフによる車体の剛性低下を防ぐために補強部材がルーフ内部に設置されていてルーフに加わる重量が増加し、重心が高くなることでコーナーリング性能にはマイナスの影響が生じます。とは言え、2つのサンルーフを全開にすると信じられないほどの開放感が味わえるので、マイナス面を十分に打ち消すだけの魅力があります。
    不満な点
    ✳️エンジンルーム内のプラスチック部品
    アルデオに限ったことではありませんが、この時代の車はコストダウンのためにプラスチック製の部品を使っています。例えば、ラジエータ本体は金属製ですが、上下についているタンクはプラスチック製です。エンジンルーム内の温度は局所的にはかなり高くなることもあり、プラスチック製の部品にはとても厳しい環境です。設計上の耐用年数は何年に設定されているかはわかりませんが、私のように17年間も乗っているとプラスチック製部品の劣化が危惧され、破損する前に予防整備することが大切になります。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)