『コンパクトでキビキビ走るので運転しやすい!』 トヨタ ライズ の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > ライズ > 口コミ・評価一覧 > コンパクトでキビキビ走るので運転しやすい!

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『コンパクトでキビキビ走るので運転しやすい!』の口コミ

  • コンパクトでキビキビ走るので運転しやすい!

    総合評価: 4.0

    投稿日:2020年6月11日

    投稿者:BBJASON さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:トヨタ ライズ
    グレード:Z(CVT_1.0) (2019年式)

    総評
    コンパクトでキビキビ走るので、運転していて楽しく、狭い道路でもストレスを感じにくい。
    車格の上のクルマからの乗り換えだと、いろいろ不満な点が見つかってしまうが、不満を解消したかったら、昨今だと400万円以上出す他ない。また、高いお金を出せたとしても納得できるコンパクトカーはなかなか見つからない。
    このような事から、お値打ちな割に手抜きされておらず、納得できる1台だと思う。
    満足している点
    ・5ナンバーのコンパクトサイズなので、日本の道路事情に最適
    ・「これ1リッター?」とビックリするぐらい出足が良い。1tを切る軽量化、ターボ、CVTのバランスが取れている恩恵?しっかり考えて開発されている印象
    ・構造がしっかりしており、普段の使用レベルにおいては安心して運転ができる。買い物や送り迎えなどの街乗りと、ゴルフなどのレジャー程度の用途では全く問題なく、これ以上の性能は必要ない
    ・外装色はブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパールのツートンにしたが、カッコイイ。かつてのダイハツOEM車の安っぽさはない。トヨタからの技術供与があったか知らないが、塗装技術レベルが上がっている。
    ・コンパクトカーなのに車室内が狭いとは思わない。後部座席も日本人の標準体型だったら十分使える。荷室の広さも我が家の用途では問題ない。
    ・価格がリーズナブル。これだけの仕様や性能が入って200万ちょっとで買えるのは良い。厳密に言うと安くはないのだが、他の車がみんな高くなってしまったので、相対的にお値打ち感がある。
    ・安全・安心機能は必要十分。特にACC(アダプティブクルーズ)とレーンキープは酷評レビューが多いが、まったく使えないレベルではない。作動の癖を掴んでしまえば十分使えるし、使いこなせば高速やバイパスの運転は楽チン。前車パサートのACCの方がそりゃアウトバーンの使用に堪えられるように作られており、レベルが数段上だったが、しかし完璧な自動運転システムなどこの世に存在していない訳であり、運転者がそれぞれの車の特性を理解して利用すれば良いと思う。
    不満な点
    ※時間切れの為、追って詳細に書きます。
    ・ブレーキ性能
     前車ワーゲンパサートと比較するのは可哀そうだが、前車は重い車体にも関わらず、いつでもブレーキ踏むと「シャキッ」と止まってくれた。ライズは「モサッ」という感じ。少し踏むタイミングを早くしないといけない。特に高速走行時や下り坂では制動距離に気を付ける必要がある。軽いクルマなので、もう少しキュッと止まって欲しい。リアがトラム式だからか?
    ・エンジン振動
    3気筒エンジン(1KR-VET)の宿命なので、振動(と音)が出るのは仕方ないか?アイドル時や低回転時は特にブルブル震えている。交差点停車時にルームミラーが震えて鏡の画像が見にくい。
    世界的にコンパクトクラスのエンジンが3気筒化しつつ、ダウンサイジングエンジンが主流になりつつあり、各社開発に凌ぎを削っているはずであり、今後の性能向上に期待したい。
    ・エアコンブロワの騒音
    ダイハツ、スズキのクルマは車両予算の関係でエアコンにコストを掛けられないので仕方がないか。コンプレッサと熱交換器が低スペックで冷房能力が低いのをブロワ送風(ブン回す)で補っているので、エアコンを付けると車内がやかましい。エアコンのスペックを上げると燃費が悪化するし、車重量が重くなる背反があるので、軽いクルマを気に入っているのであれば、ある程度の割り切りが必要。
    ・車全体の制振、吸音
    これも対策やればやるほど、また振動の出にくいしっかりした構造や外装にするほど、車重量が重くなるので、ある程度割り切りが必要。
    ・ディスプレイオーディオとスピーカの音質
    私はカーオーディオの知識がなかったので、何も考えずにクルマのカタログを見てトヨタ/ダイハツ純正ディスプレーオーディオを契約時に注文してしまったが、後から音に不満が出てきて、音質改善の欲求が高まってしまった。そうした時にこの純正ディスプレイオーディオは拡張性がなく、融通が利かないユニット本体だと素人ながら後から分かった。幸い最近のトヨタ車と違って、ロッキー/ライズはオーディオレスの注文が可能なので、音をいじりたいのであれば、拡張性のある、というか最初から何でもできるカロッツェリアDMH-SF700やDMH-SZ700などの社外品のディスプレイオーディオを後付けするのがお勧め。社外ナビは無茶苦茶値段が高いが、これらはお値打ち価格で搭載ができる。
    ・ワイパー性能
    うちの家族のように街乗り中心だとこの程度の性能、品質で問題ないが、高速走行やアウトドアレジャーでハードな使用の頻度が高い場合は注意が必要。
    ・オートハイビームの不審な挙動
    これはこのクルマに限った事ではないが、ハイビームの自動切り替えはまだ発展途上と思う。コーナーでの制御や前車、歩行者の検知など、自動運転機能と同じく、人間の感覚通りには動いてくれない。

    いろいろあるけど、「この車格、価格だったらこんなもんでしょ」と納得したうえで購入しています。「これは絶対に許せん!」というものはまだ見つかっていません。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする