現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > プロボックスバン > 専門家レビュー・評価一覧

トヨタ プロボックスバン 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
トヨタ プロボックスバン 新型・現行モデル
1 件中 1~1件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    5

    トヨタの誇るエリートビジネスバン

    2022.1.17

    年式
    2002年7月〜モデル
    総評
    商用バンにまで電動化の波は確実に訪れる。環境負荷を低減し、カーボンニュートラル化にも貢献するが、一方で、その負担を開発費としてメーカーが、購入代金としてユーザーである事業者が負担しなければならず、それらは決して小さくないことから単に早急に対応すれば良いといはいかない。まずは台数の見込める乗用車技術の転用を待ちたい。
    満足している点
    これだけの荷物が積めて130万円台から新車が購入できるとは、やはり日本の商用車技術はすばらしい。ご存知の通り、トヨタはその前身でG1型トラックを製造していたことから、現在に至っても商用車にはしっかりとした開発哲学があるのだと思う。先進安全技術である衝突被害軽減ブレーキも法規対応のため全グレードで標準装備だ。
    不満な点
    先代モデルユーザーからの声をたくさん採り入れて作られた2代目プロボックス。運転席シートのリクライニング角度を増やして休憩しやすくしたり、荷物が置きやすくなるよう工夫したりしてきた。働く道具であることから、できることなら乗用車で普及させていく車内Wi-Fiなど、ビジネスに特化した進化を期待したいところだ。
    デザイン
    もともとはプロボックス/サクシードという兄弟車でデビューしワゴンモデルの存在したが、2018年に2代目へとモデルチェンジを行なった際に商用バンに一本化。そしてサクシードは2020年に製造を完了した。荷物をたくさん積むこと、そして楽に積み卸しができることを主眼に考えられたデザイン。ゆえに野暮ったくもあるが、働き者らし割り切りがあって良い。

    続きを見る

1

プロボックスバンを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!