現在位置: > > > > > 50系から乗り換え、30プリウスを気に入...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『50系から乗り換え、30プリウスを気に入りすぎて2度目の購入』の口コミ

  • 50系から乗り換え、30プリウスを気に入りすぎて2度目の購入

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2019年10月15日

    投稿者:@コロスケ さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:トヨタ プリウス
    グレード:G “ツーリングセレクション”(CVT_1.8) (2009年式)

    総評
    故障が少なく、燃費もよく、中古価格もリーズナブルで
    大変コストパフォーマンスに優れた車です。
    中古アクアを買うより断然30系プリウスの満足度が上です。
    生産終了から4年経っても社外パーツが豊富で、改造する楽しみがあります。
    足回りと燃費は以前新車購入した50系の方が完成度は上でしたが、使い勝手、コスパ、後席のゆとりは30系が上回るのではないでしょうか。
    満足している点
    外装
    万人受けするスタイリッシュなデザイン。
    見方によっては丸くて可愛く見えます。
    内装
    収納が多く使いやすいことと、見かけによらず室内空間が広いです。
    後席の足元はフラットでゆとりがあり、頭上空間も問題ありません。
    大人5人乗っても(それほど大柄な人でなければ)苦にならない車種は
    同等クラスでは中々無いと思われます。
    荷室もトノカバーがついていたり、アンダーボックスなど工夫されています。
    セダン同等かそれ以上の収納力があります。
    走行性能
    加速は少し速めですがそれ以外は普通です。
    上りはバッテリーなどの重量が有るためエンジンが唸りパワー不足に感じることも度々あります。
    ハイブリッド車の為静かですがロードノイズや風切り音は特筆するほど軽減されていません。
    特にロードノイズは入りがちなので、ボディに静音加工や、
    レグノ・ルマン・ビューロなどのコンフォートタイヤを装着させると
    一気に静粛性が向上します。
    ボディ剛性向上のパーツや車高調を取り付けると突然スポーツカーのような安定感と乗り味になり驚かされます。
    不満な点
    前期型は内装がグレー一色で高級感は全くありません。
    前期後期共に内装トリムパネルやダッシュボード類のシボ加工に大変傷が付きやすく、ついた傷はとても目立ちます。
    インフォメーションディスプレイの表示にうっすら焼付き(残像)が発生してしまいます。
    多走行になるとインタミシャフトからガタや異音が出ます。
    Gグレード以上でないとスマートキーが運転席側しか作動しません。
    ツーリング純正の足回りは硬めにも関わらずロールやふらつき感があり、乗り心地、安定感は
    社外品の車高調などに交換したりボディ剛性アップパーツを導入しないとあまり良くありません。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)