現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > イプサム > 2003年10月〜モデル

トヨタ イプサム 2003年10月モデルの新車情報・カタログ

トヨタ イプサム 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

19.8 万円 52.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

225.0 万円 306.6 万円

新車見積もりスタート

新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 520
  • 総合評価 4.1
  • ユーザーレビュー (詳細) 614
  • みんなの質問 (詳細) 257
車体寸法
(全長×全幅×全高)
4,690×1,760×1,660mm〜
4,690×1,760×1,680mm
燃料消費率 -
乗車定員 6〜7名 排気量 2,362cc

メーカー公式画像

ユーザー画像 みんカラで投稿された画像です

概要

■2003年10月
イプサムは5ナンバーサイズボディの中に、多用途性や扱いやすさを凝縮させたミニバンで、96年5月に発売された。丸型4灯異形ヘッドランプを採用したスタイル、ウォークスルーや9パターンの自在なシートアレンジが楽しめるなど、様々な機能を装備していた。現行モデルの発売は2001年5月。パッケージ、ユーティリティ、デザイン、走りの全てを次世代型に進化させている。新開発のプラットホームを使用し、全長を120mm、ホイールベースを90mm延長させるなど3ナンバーサイズを採用している。また、全幅は65mm、全高を40mm拡大することでゆとりを持ってくつろげる室内空間を実現しながらも、最小回転半径は従来型と同等の5.5mとするなど取り回しもよい。インテリアは3列シート。サードシート後方床下に独自の大容量スーパーラゲージボックスを設定したほか、多彩なシートアレンジも可能だ。エンジンは全車に直列4気筒2.4リッターVVT-iエンジンを搭載。実用域の走りを重視しつつ、パワフルな走りを実現した。また、グレードによってはステアリングから手を離さずにシフト操作が可能なステアシフトマチックを採用するなど、スポーティなドライビングも可能だ。2003年10月にはマイナーチェンジを受け、フードパネルやフロントグリルなどの意匠変更を実施。インテリアもセンターメーターや、ステアリングホイール、ヒーターコントロールパネルなどのデザインを一新するなど、質感、高級感を向上させた。また、歩行者障害軽減ボディを新採用したことや、7人乗りモデルのセカンドシート中央席にヘッドレストを標準装備させるなど、安全装備も充実している。

■2004年1月
イプサムは5ナンバーサイズボディの中に、多用途性や扱いやすさを凝縮させたミニバンで、96年5月に発売された。

丸型4灯異形ヘッドランプを採用したスタイル、ウォークスルーや9パターンの自在なシートアレンジが楽しめるなど、様々な機能を装備していた。

現行モデルの発売は2001年5月。パッケージ、ユーティリティ、デザイン、走りの全てを次世代型に進化させている。

新開発のプラットホームを使用し、全長を120mm、ホイールベースを90mm延長させるなど3ナンバーサイズを採用している。

また、全幅は65mm、全高を40mm拡大することでゆとりを持ってくつろげる室内空間を実現しながらも、最小回転半径は従来型と同等の5.5mとするなど取り回しもよい。

インテリアは3列シート。サードシート後方床下に独自の大容量スーパーラゲージボックスを設定したほか、多彩なシートアレンジも可能だ。

エンジンは全車に直列4気筒2.4リッターVVT-iエンジンを搭載。実用域の走りを重視しつつ、パワフルな走りを実現した。

また、グレードによってはステアリングから手を離さずにシフト操作が可能なステアシフトマチックを採用するなど、スポーティなドライビングも可能だ。

2003年10月にはマイナーチェンジを受け、フードパネルやフロントグリルなどの意匠変更を実施。インテリアもセンターメーターや、ステアリングホイール、ヒーターコントロールパネルなどのデザインを一新するなど、質感、高級感を向上させた。

また、歩行者障害軽減ボディを新採用したことや、7人乗りモデルのセカンドシート中央席にヘッドレストを標準装備させるなど、安全装備も充実している。

2004年1月には240iをベースにした特別仕様車"ALCANTARA version"、"ALCANTARA version・NAVI Special"を発売した。




■2004年12月
イプサムは5ナンバーサイズボディの中に、多用途性や扱いやすさを凝縮させたミニバンで、96年5月に発売された。

丸型4灯異形ヘッドランプを採用したスタイル、ウォークスルーや9パターンの自在なシートアレンジが楽しめるなど、様々な機能を装備していた。

現行モデルの発売は2001年5月。パッケージ、ユーティリティ、デザイン、走りの全てを次世代型に進化させている。

新開発のプラットホームを使用し、全長を120mm、ホイールベースを90mm延長させるなど3ナンバーサイズを採用している。

また、全幅は65mm、全高を40mm拡大することでゆとりを持ってくつろげる室内空間を実現しながらも、最小回転半径は従来型と同等の5.5mとするなど取り回しもよい。

インテリアは3列シート。サードシート後方床下に独自の大容量スーパーラゲージボックスを設定したほか、多彩なシートアレンジも可能だ。

エンジンは全車に直列4気筒2.4リッターVVT-iエンジンを搭載。実用域の走りを重視しつつ、パワフルな走りを実現した。

また、グレードによってはステアリングから手を離さずにシフト操作が可能なステアシフトマチックを採用するなど、スポーティなドライビングも可能だ。

2003年10月にはマイナーチェンジを受け、フードパネルやフロントグリルなどの意匠変更を実施。インテリアもセンターメーターや、ステアリングホイール、ヒーターコントロールパネルなどのデザインを一新するなど、質感、高級感を向上させた。

また、歩行者障害軽減ボディを新採用したことや、7人乗りモデルのセカンドシート中央席にヘッドレストを標準装備させるなど、安全装備も充実している。

2004年1月には240iをベースにした特別仕様車"ALCANTARA version"、"ALCANTARA version・NAVI Special"を発売した。

2004年12月には240iをベースに特別仕様車"Premium ALCANTARA version"、"Premium ALCANTARA version・NAVI Special"を発売した。


おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る イプサム 2003年10月マイナーチェンジ

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 イプサム 2003年10月マイナーチェンジ

所有者データ イプサム

  • 人気のカラー

    1. 40.0%
    2. シルバー
      22.8%
    3. 11.4%
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    15.8%
  • 人気の乗車人数

    6
    13.1%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      44.3%
    2. 近畿地方
      18.5%
    3. 九州・沖縄地方
      8.4%
  • 男女比

    男性
    93.9%
    女性
    4.9%
    その他
    1.0%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング イプサム

中古車相場 イプサム

トヨタ イプサム
平均価格 34.6万円
平均走行距離 80,857km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 イプサム

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/
グレード:
240i“type_S”(AT_2.4)
/