現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > クラウンアスリート > 専門家レビュー・評価一覧

トヨタ クラウンアスリート 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
トヨタ クラウンアスリート 新型・現行モデル
2 件中 1~2件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 工藤 貴宏
    工藤 貴宏
    自動車ジャーナリスト
    評価

    3

    デザイン
    3
    走行性能
    3
    乗り心地
    4
    積載性
    3
    燃費
    2
    価格
    2

    高級とスポーツのバランスが魅力

    2021.10.29

    年式
    2012年12月〜モデル
    総評
    高級セダンの味とスポーティな走りを1台で味わえる。そう考えてみると、クラウンアスリートの商品力の高さが理解できるのではないだろうか。ちなみに2015年10月以降のマイナーチェンジモデルは、車体剛性も向上して走行性能がアップしている。そういった走りへのこだわりもかつてのトヨタにはなかった、新世代トヨタのいい部分だ。
    満足している点
    トヨタブランドの最上級オーナーセダンという格式と、スポーティな走りのバランス。インテリアの仕立ての上質さはさすがだし、気持ちよく走れる走行性能は運転好きも楽しめる。排気量2.5Lと3.5LのV6自然吸気、そして2.0Lの4気筒のターボ、さらには2.5Lの4気筒自然吸気にモーターを組み合わせたハイブリッドと、幅広いパワートレインが選べるのもいい。日本のマーケットを考え全幅を1800mmに抑えた車体サイズも美点だ。
    不満な点
    車両価格が高いのは否めないが、トヨタの最上級となるセダンだと思えばそれも仕方ないところ。また、アスリートのスポーツ性能もあくまで「クラウンとしては」という前提であり、リアルスポーツセダンのような運動性能はないのでそのあたりは理解しておくべき。
    デザイン
    初登場は8代目時代の1989年だが、一般的には1999年デビューの11代目以降の印象が強い。「ロイヤル」系との違いはグリルやバンパー、大径のタイヤ&ホイールなどそれほど多くないのだが、しっかりとスポーティさを強調。伝統を重視するロイヤル系に比べると好みは分かれそうだが、クラウンの殻を打破しようという意気込みが感じられる。

    続きを見る

  • まるも 亜希子
    まるも 亜希子
    自動車ジャーナリスト
    評価

    3

    デザイン
    3
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    4

    適度なスポーティさを持つ典型的クラウン

    2021.10.29

    年式
    2012年12月〜モデル
    総評
    昔からクラウンには常に時代を先取りした技術や装備が注がれてきたので、10年落ちくらいのクラウンを買っても現代で十分に通用する快適性はあります。ただ安全装備や燃費はやはり最新が最善と考えるべきでしょう。
    満足している点
    ブラックとレッドを基調としたレザーのスポーティかつ上質感のあるインテリアなど、今見ても古さをそれほど感じさせず、オシャレな印象を持つことができるインテリア。シートヒーターなどの上級装備も豊富です。
    不満な点
    ガソリンもハイブリッドも、余裕の加速フィールが持ち味ですが、エコモードを選ぶと途端にアクセルを踏んでも何かに押し戻されてしまうような操作感になり、かなりかったるい走りになります。最新のエコモードとは大違いです。
    デザイン
    現行モデルで若々しくなる前の最後のモデルだけに、どこかコンサバな雰囲気が残るスタイリング。ぽってりとしたフロントマスクはグリルも大きいので、迫力はしっかりあります。ただリアビューはさらに古めかしく感じます。

    続きを見る

1

クラウンアスリートを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!