現在位置: > > > > > セダンでありながら、ドライバーズクラウン

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『セダンでありながら、ドライバーズクラウン』の口コミ

  • セダンでありながら、ドライバーズクラウン

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2019年3月5日

    投稿者:Herman 038 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:トヨタ クラウンセダン
    グレード:スーパーサルーンエクストラ_ロイヤル_Sパッケージ(AT_2.0) (1999年式)

    総評
    横倒しの冷蔵庫か、はたまたカンペンの様なミニバンばかりの中で、伝統的なスリーボックススタイルとクラウンの血統最後のクラウンセダンという車種。
    歴代のクラウンからどっしりとした安定感のある高級感を継承しつつも、モノコック構造にこの15系からなったことで軽量化に成功し、運動性能が向上している。
    ワインディングのコーナーをクリアしていく姿は、その見た目からは想像できない軽快さで、正にキャッチコピーの“美しく、走る。日本のクラウン”そのものであると感じる。
    満足している点
    コンフォート系が消えたことで絶滅してしまったとも言える、伝統的乗用車のスクエアーなスリーボックススタイルで、慣れると手に取るように隅々まで分かるボディ。
    センサーやカメラが無くても安心して運転できる。
    ひとたびアクセルを踏み込み全開にすると、官能的なサウンドと共に一気に、そして滑らかにレッドゾーンまで吹けあがる1Gエンジン。
    車内のどこに居ても感じ取れる、上品でゆったりとした落ち着きのある車内空間。
    角が無く余分な入力は車がいなし、荒れた路面でも心地よく車内に伝わってくる振動。
    今や珍しい茶系色であるアンティロープの内装に身を任せてドアを閉めれば、そこに広がる静寂な世界とブロンズガラス越しの景色がいつもよりゆっくりと流れて見える。
    これがクラウンの世界観なのだ、と感じさせてくれる。
    不満な点
    14系からではあるが、インサイドドアハンドルが車内と同色のプラ部品になっていること。
    クーラーボックスがリアエアコン装備車であるにも関わらず、装備されていないこと。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)