『消えていく日本車セダンの中で、トヨタのクラウンだけが生...』 トヨタ クラウンセダン のみんなの質問 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > クラウンセダン > みんなの質問 > 消えていく日本車セダンの中で、トヨタのクラウ...

『消えていく日本車セダンの中で、トヨタのクラウ...』:トヨタ クラウンセダン

解決済み消えていく日本車セダンの中で、トヨタのクラウンだけが生き残っているのは、法人需要があるからですか?特に、田舎の零細企業の社長はクラウンを好む傾向が強いです。 一昔前みたいなクラウン

消えていく日本車セダンの中で、トヨタのクラウンだけが生き残っているのは、法人需要があるからですか?特に、田舎の零細企業の社長はクラウンを好む傾向が強いです。
一昔前みたいなクラウンブランドは減ってきましたが、下手なエコカーミニバンに乗るくらいならば、乗り味は良いと思います。

補足
日本車でライバルとなるのは、日産のスカイライン、フーガ、シーマあたりになろうかと思いますが、日産のセダンではダメ、支持されないのは何でしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

金をかける部分を間違えてないからです(。-_-。)

10年経とうがクラウンはクラウンですから。外装に古臭さなし。内装も劣化なし。

他の車は年相応に劣化していきますが、クラウンは良い状態キープしますよ。

回答一覧

5件中 1~5件
  • いわゆる、昔の「高級大型セダン」自体が衰退してますよね。広さやリセールバリューの点から、より効率の良いミニバンなどに代わってきてますからね。
    元々、高級セダンが元気の良かった頃から、あるいっときを除きクラウンがずっと天下をとってきました。それが今でも続いているだけという部分もあります。つまり、他の大型セダンが絶滅あるいは超絶衰退しているだけでクラウンもかなり衰退はしています。ただ、その差はやはり昔とは比べ物にならないくらいに大きいのは確かです。
    他の大型セダンは、衰退期にグローバル化しています。つまり、「国内に視点をおいたセドリックのためのセドリック開発」ではなく、「世界を視野にいれた大型セダンを開発し、それの国内版がフーガ」みたいな感じです。
    それによって延命されてきたわけですが、魅力が無くなったのも事実。
    そんななか、クラウンやセンチュリーは国内専用として「クラウンとして開発」され続けているのです。これにより、昔よりいっそう差が開いて「一人勝ち」になったとおもいます。
    つまり、旧セドグロが巻き返すのは「国内専用車としてセドグロとして復活」しかないのですが手遅れです。一部のマニアしか買わないし、それらを維持しモデルチェンジしていく体力もトヨタ以外には無い。
    ある意味、ただでさえ人気の無い大型セダンを国内専用車としてクラウンやセンチュリーをつくっていけるのはトヨタだからできるのです。

  • 「嫌味なく、しかし恥はかかずに済む最低限必要十分に立派に見栄えする、手頃な庶民の高級車」というような、その客層の日本特有の需要にしっかりと応え続けているからでは?

  • セダンがステータスと思っている客層が存在するからです

  • 法人需要があるからです

  • 法人も乗用車タイプよりも、アルファードのような大型ミニバンを進んで採用していますね。国会議員さんや芸能人の方もミニバンが多いよね。乗り降りが楽で中も広いし、大人数でも可能なんで好まれると思います。
    逆にクラウンは、セダン好みの人は一定数いますし、また50代以上の人はいつかはクラウンのCMがあったように、憧れもあります。
    個人的な意見ですが、レクサスの下のタイプよりはクラウンの方が、よほど価値があるように見えます。
    今は若返りのデザインにもなり、価格はヤリスが2台買ってお釣がくるような値段になりましたが、やはりいいクルマだと思います。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。