『大きなマークX』 トヨタ クラウンロイヤル の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!
カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『大きなマークX』の口コミ

  • 大きなマークX

    総合評価: 5.0

    投稿日:2018年5月24日

    投稿者:Forest-Shadow さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:トヨタ クラウンロイヤル
    グレード:ロイヤルサルーン“スペシャルナビパッケージ”(AT_2.5) (2010年式)

    総評
    21世紀の新しいクラウンとして生まれ、ゼロクラウンの名で大ヒットしたGRS18#型の次期型としてデビューしたGRS20#型クラウン。

    基本的にはゼロクラウンのキープコンセプトですが、日本に展開してきたレクサスブランドに3歩下がってついていくような立場を守りつつ、先代に足りなかった部分をブラッシュアップしたトヨタ自動車の自信作でした。



    しかし、2008年2月に販売開始したGRS20#型クラウンの船出は、超大型で猛烈な台風の中に飛び込むような大荒れの航行になることに……。


    いきなり襲いかかったのは、歴史的なガソリン価格の高騰です。

    ハイオク満タンと叫ぶだけで、諭吉が勢いよく羽ばたいていったあの頃の思い出は、皆さんの中でも記憶に新しいことでしょう。


    2008年の8月に記録した東京都のガソリンの小売価格、1リッターあたり182円という記録は未だに破られていません。



    そしてこの年の秋に、世界規模の金融危機(リーマン・ショック)が訪れます。


    モデルチェンジ前から実車も見ずに注文かけるような古くからのクラウンファンでさえ、この不景気の波に飲み込まれそうになってたこの頃、アソーソーリが政権を握る内閣も国民から支持を得られず、定額給付金や高速道路の大幅割引といったバラマキ経済政策ばかり展開し、日本全体にお先真っ暗なムードが広がっていました。


    そんな厳しい世の中に送り出されたGRS20#型クラウンに対し、トヨタ自動車も販売のテコ入れを図るため、不景気真っ只中な日本の市場に合わせたマイナーチェンジを施し、2010年2月から後期型をリリースしました。


    そのトヨタ自動車の景気対策モデルというのが、私の親父が買ったグレードの2.5ロイヤルサルーン“スペシャルナビパッケージ”になります。



    見た目ではロイヤルサルーンのエンブレムが付いていて、アルミホイールも採用されてますからひとつも安っぽく見えませんし、車内にはマルチビジョンが備わっています。

    しかもマルチの付いたクラウンの中では、歴代のクラウンを振り返っても最も安い395万円でした。

    さらにアソーソーリが打ち出したエコカー補助金制度を私の親父はうまく利用し、当時所有していた平成6年式のクラウンをスクラップにして25万円の補助金をゲットしていました。


    かつては「いつかはクラウン」のキャッチコピーで庶民達の憧れの的だったクラウンですが、このドン底の不景気の頃はクラウンの方から庶民に近づいてくる異例の事態になっていました。

    同じ頃にエコカー補助金で大きく販売台数を伸ばしたセダンボディのハイブリッドカー・トヨタSAIは、カーナビが標準装備になるGグレードの価格が380万円だったことを考えると、いかにクラウンが庶民の元に舞い降りてきたかよく分かります。





    運転席のドアを開けるとまず目に飛び込んでくるのは、ウレタンのステアリングと塩ビのシフトノブ。



    座席に座ってからドライビングポジションを作ろうとしても、ステアリングのチルト&テレスコ調整は全て手動です。

    逆に電動のカラクリが採用されている箇所は、運転席のランバーサポートと運転席ドアのトランクオープナー、そしてトランクフードのイージークローザーくらいです。


    トヨタ自動車のクラウンのロイヤルサルーンが、軽自動車並みの室内装備と操作性で運転手を迎えるこのギャップ。

    ランサーエボリューションのRSやインプレッサWRX STi スペックCのような、競技専用モデルに通じる潔ささえ感じますね(笑)


    ただ、こうした惨めさを感じる装備はこれくらいで、エンジン・ブレーキ・ステアリングなどを統合制御するVDIMや合計10個のSRSエアバッグは、上級グレードと同じく標準装備されてます。


    先ほどはこの2.5ロイヤルサルーン“スペシャルパッケージ”のことを、トヨタ自動車の景気対策モデルなんて表現しましたが、今振り返ると結構バーゲンプライスなお買い得モデルとも言えますね。



    中古車検索サイトで、このクラウンと同じくらいの年式の物件を探してみると、新車のタントのターボ無しとほぼ同じ予算で十分程度のいいタマがゾロゾロ出てきます。

    新型クラウンの発売も来月に迫ってきましたし、これから下取りでたくさんのクラウンが市場に流れてくることでしょう。


    クラウンらしい豪華な装備はひとつもない地味なモデルではありますが、ベスモの筑波5LAPSバトルでは、3.5リッターのアスリートがRX-8やレガシィB4を抑えて勝利するくらいのシャーシを持つGRS20#型クラウン 2.5ロイヤルサルーン“スペシャルパッケージ”。



    このクルマレビューを機会に、少しでも興味を持っていただけたら幸いです(^^)
    満足している点
    満足している点というか驚いている点として、10年以上全長4m以下のコンパクトハッチバックに乗っている私は、その使い勝手のいいボディサイズに慣れてしまい、いつの間にかボンネットやトランクのあるクルマに対し苦手意識がわいていました。


    そしてアレヤコレヤあって、全長4870mm・全幅1795mm・ホイールベース2850mmのクラウンに乗り込むことになっちまった訳ですが、意外と小回りが効いて乗りやすいことに驚きました。



    数字で比較しますと、同じ2850mmのホイールベースを持ち、尚且つクラウンより細いタイヤを履くヴォクシーが最小回転半径 5.5mなのに対し、クラウンの最小回転半径が5.2m!

    小回りのしやすさにも納得です。

    ちなみに同じトヨタのFRの86で比べると、86のホイールベースは2570mmと短く、さらに86の方がタイヤの外径も小さいので小回りは有利なはずですが、86の最小回転半径は5.4mなのでクラウンの勝利です。


    実際にクラウンを横から見ると、運転席の位置は車体のちょうど中央にくるので、バックで車庫入れする際もフィットと同じ感覚で車体を斜めに振れば、トランクの長さも気にすることなくスッポリと駐車スペースに収まります。

    ただ、運転席から振り返るとリヤの見通しが悪いので、バックモニターのお世話にはならないといけないですけどね(^-^;



    以前、交通警察24時みたいな特番で、新人の警官がクラウンパトカーに乗り、地面に敷かれた雑巾1枚の上に左リヤタイヤを乗せる訓練をしているのを観ました。


    あの時はテレビの前で「ムリムリ(ヾノ・ω・`)」なんて思っていましたが、こうして1週間ほど都会を走り回っていると、なんだか出来そうな気になっちゃいますね♪
    不満な点
    ゴールデンウィークの1週間で1680kmも走れば、しょうもない不満はポロポロ見つかります。


    例えばエアコン。



    クラウンの全グレードに標準装備の左右独立温度コントロールフルオートエアコンは、暑がりな私と寒がりなwifeにとってとても助かる装備ですが、外気が若干肌寒い時に助手席側の温度を上げて運転席側の温度を下げると、助手席のwifeには適温でも運転席側の足元から冷たい風が出てきて足が凍りますww

    せっかくの左右独立温度コントロールなのに、吹き出し口は左右共通なのでこうなるみたいです。

    このエアコンが本領発揮するのは、クソ暑い真夏の冷房くらいでしょうね~


    他にも、ロングツーリングならではの不具合がありました。


    このクラウンには、G-BOOK mX Pro対応のHDDナビゲーションシステムが搭載されてますが、基本ドケチな私の親父は、G-BOOKオンラインサービスを初年度無料の期間だけ利用して、課金が始まる2年目以降は解約していました。

    なのでカーナビの地図は今から7年前の2011年で更新が止まっています。


    そんなナビで新東名を走ると、カーナビの画面はバンゲリングベイ状態になりますwww



    それだけなら只のネタ画像なんですが、この新東名や3月に出来たばかりの新名神(神戸JCT~高槻JCT)を通ったとき、前方に遅い車がいてアクセルを緩めると、突然それまで2000rpm前後だったエンジン回転数が3000rpmあたりまで上昇しました。

    こうして文章だけ読むと、クラウンが前方の交通を読んで自動でシフトダウンしてくれたようにとれますが、実はタコメーターの針だけ上昇してエンブレが効いてない不思議ちゃん状態( ゚Å゚;)


    しばらく運転席で私が固まっていると普段のクラウンに戻ってくれましたが、この現象が新名神と新東名だけで起きているということは、おそらくカーナビ側で前方のコーナーを地図上で感知した場合にカーブの形状や勾配状況に応じて適切なシフト制御を行う「NAVI・AI-SHIFT」機能が勝手に働き、高速道路の上を走ってるのに田舎の山坂道と勘違いして余計なおせっかいをしてきたのだと推測します。



    「NAVI・AI-SHIFT」機能についてはカーナビの設定でOFFにも出来ますが、皆さんも純正カーナビが搭載されたトヨタ車を買うときは気をつけて下さいね。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする