現在位置: > > > > > トヨタ・プラッツはコルサ・ターセルの後継モデル...

『トヨタ・プラッツはコルサ・ターセルの後継モデル...』:トヨタ コルサ

解決済みトヨタ・プラッツはコルサ・ターセルの後継モデルで間違い無いでしょうか? ちなみに、現在、プラッツは製造していません。(2005年11月にベルタが登場。ベルタは2012年5月にカローラアクシ

トヨタ・プラッツはコルサ・ターセルの後継モデルで間違い無いでしょうか?

ちなみに、現在、プラッツは製造していません。(2005年11月にベルタが登場。ベルタは2012年5月にカローラアクシオのフルモデルチェンジの後生産終了)

ベストアンサーに選ばれた回答

そうですね。げんみつに言うと、プラッツはヴィッツセダンですので、先祖は『ターセル、コルサセダン』の後継と言えると思います。
当時の位置的にスターレットもありましたが、此は最後までトランクルームありのセダンを出さなかった。これは、当時はカローラの兄弟車のスプリンターがあり、当時のトヨタオート店での立ち位置はカローラ店のカローラⅡ、トヨペット店のコルサ、ビスタ店のターセルに相当させるためだったと考えられます。
いっぽう、ややこしいようですがターセル、コルサにセダンを設定させたのはビスタ店、トヨペット店にカローラに匹敵する小型セダンが無かったので、仕方なく各々にトランクルームを設定したセダンを設定し、幅広い顧客層にアピールしたのだろうと思います。
ただ、カローラセダンが3ナンバーになるので、それに伴ってアリオン、プレミオも無くなるそうですので、昔ながらの小型セダンがいよいよ無くなって、ひょっとしたらプラッツやベルタに匹敵するモデルが出てくるかも知れませんが、現在はその位置をアクアが担っているので、もう5ナンバーの古典的なセダンは、トヨタですら無くなって行くんでしょうね。せいぜいホンダグレイスくらい?教習車両用のマツダデミオセダンを一般に売るようになれば選択肢も増えるでしょうが、時代は変わって来たものです。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • プラッツはコルサ・ターセルのセダンの後継モデルで間違い有りません。

    トヨタ公式資料(車両系統図)で確認しています。

  • 人によって意見は異なるとは思いますけど、私は違うと考えます。

    コルサ、ターセルはカローラⅡとの3兄弟でしたが、その下にスターレットがあったはず。
    カローラとスターレットの間を埋めるような車だったはずで、今考えるとずいぶんと細かく車種を設定したものだと思います。

    ただ、最初にデビューしたのはコルサとターセルだったのですけど、この時期はトヨタとしても大きな変革の時期で、格にはこだわっていなかったのかも。
    コルサとターセルはトヨタ発のFF車でした。
    当時のスターレットもカローラもFRなので、単純に格は比較できないという事でしょう。

    その後、スターレット、カローラもFF化され、ラインナップがかなりややこしくなっていた時期があります。
    カローラはFFとFRがあったわけですしね。


    そういうラインナップを一新しようとして出したのが ヴィッツで、その4ドア版がプラッツですよね。ファンカーゴという兄弟もあったはず。(他にもいろいろあったはずですけどね)
    デビュー当時はトヨタの最小車種という扱いでしたから、どちらかと言えばスターレットのポジションじゃなかったかな?

    ただ、先ほど書いたようにラインナップを一新しようとしていた時期なので、トヨタからも「どっちが格上」というコメントはなかったと思います。
    その後、パッソが登場してトヨタ最小という座を持っていかれましたしね。

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。