現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > カローラルミオン > レビュー・評価一覧 > 現代の車種は、ちょうどいいミドルクラスの車...

トヨタ カローラルミオン 「現代の車種は、ちょうどいいミドルクラスの車...」のレビュー

人生3台目のカローラ 人生3台目のカローラさん

トヨタ カローラルミオン

グレード:1.8S”AEROTOURER”(CVT_1.8) 2009年式

乗車形式:その他

評価

2

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

現代の車種は、ちょうどいいミドルクラスの車...

2009.8.17

総評
現代の車種は、ちょうどいいミドルクラスの車がありません。一昔前の2リッタークラスは大方2.5リッターになって、ボディーもパンパンに膨れて、そんなんうちのガレージには入りません。
かといって1.5リッタークラスでは高速長距離走行で余裕がない、
今、ルミオンぐらいの寸法と排気量の車種って両手の指でも余るぐらいしか出てないんじゃないでしょうか?

余談ですけど、ルミオンのシフトノブの位置なら素のMTの設定が有ったら面白いかと思います(日本では殆ど売れないでしょうが…)
満足している点
・角型基調のスタイル
・ちょうどいいぐらいのボディーサイズ
・安全装備が充実してる
・米国人の体型に合わせたシートの大きさ
・前席周りはそれなりだが、後席~荷室床下に大きめの隠し収納がある
・トヨタの4亀頭エンジンにしては低回転域が静か目
不満な点
・コスト削減の時代の流れが、特に内装に表れてる(材質強度、建て付け等)
・ロードノイズ、風切り音、容赦なく室内に侵入(後席、荷室内張り剥いだら鉄板丸見え)
・時計と外気温計だけは独立した場所に設けて欲しかった(表示切替するのメンドクサイ)
・後席ドアにもスマートエントリー付けて欲しかったな(荷物積む等いきなり後席ドア開けたいとき、一々前席ドアノブ触らないとロック解除できない)
・やっぱりトヨタの4亀頭エンジン、高回転ウルサい(昔からの悪しき伝統)
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

トヨタ カローラルミオン レビュー・評価一覧

マイカー登録
トヨタ カローラルミオン 新型・現行モデル