現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > カローラルミオン > レビュー・評価一覧 > 当方アンチ ト○タ です。 このサイトを見る...

トヨタ カローラルミオン 「当方アンチ ト○タ です。 このサイトを見る限り、アンチな方の投稿が目立つトヨタ車レビュー。 強きを挫き、弱きを助ける…で合ってますかね?その精神は大」のレビュー

ニックネーム非公開さん

トヨタ カローラルミオン

グレード:1.8 S エアロツアラー(CVT) 2007年式

乗車形式:試乗

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

当方アンチ ト○タ です。 このサイトを見る限り、アンチな方の投稿が目立つトヨタ車レビュー。 強きを挫き、弱きを助ける…で合ってますかね?その精神は大

2008.9.4

総評
当方アンチ ト○タ です。
このサイトを見る限り、アンチな方の投稿が目立つトヨタ車レビュー。
強きを挫き、弱きを助ける…で合ってますかね?その精神は大切だと思いますよ、ハイ。がんばって生きましょうね。
私は期間社員で入社して、三日目の健康診断で引っ掛かり、五日で帰郷を余儀なくされた経歴があり、言わば本物の「アンチ」です。
もう一度言います。
             私が本物のアンチです。
実害被ってますから(笑)
さてこの車。
アメリカではサイオンBbの後継車として売られるそうです。エンジンは2.4Lだそうです。これを意識して評価すれば良いと思いますよ。
満足している点
1. 広大な車内
 広いですね。ベースのオーリスは3ナンバーの車幅を殺しまくる無駄な造型・プレスラインでしたが、このルミオンは別物。荷室もフラットで広く、運転席の足元も広々。アメリカ人が座るよう設計された大振りなシートも、滑りにくいシート表面でしたので問題無し。
 ベージュ系の明るい室内が好きな方は「NO!」と言うでしょうが、シックで簡潔なデザインは好感度大。こんなデザインは長年乗っても飽きないでしょうね。
2. 静粛性
 総評でも書きましたが、アメリカで2.4Lの搭載を前提としているせいでしょうか、エンジン音は大変静かでしたね。ウリの1つである9スピーカーの音を生かす意味でも、この静粛性は魅力でした。
不満な点
1. 詰めの甘い室内設計
 大きく張り出したシフト部分が最大の弱点です。アメリカではMTも用意されるのでしょうか?ってぐらいに室内に張り出してきています。
 試乗は一人でしたので気になりませんでしたが、二人で乗ったらシートとシートの間の……ただっ広い空間は何?と思ったでしょう。
 結論を言うと、ベンチシートにするべきであったと思います。そうでないと二人で乗った場合に微妙な空気を味わう羽目になります。
冷え切った夫婦にはベストなチョイスになりますかね(笑)
2. トヨタ的足回り
 コーナーでリアが「ガツン!」と沈み、フロントが「ズルズル」と外に逃げる感覚……
8年20万kmを越えた実家のカルディナと同じです。良く言えば、経年劣化の少ない足回りと言えます?(笑) 新車に乗る喜びとは無縁です。
 確実に冬道怖いでしょうね。
3. 1.5Lは性能不足
 アメリカでは2.4L……、まあ我慢できる人はできるでしょうが。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

トヨタ カローラルミオン レビュー・評価一覧

マイカー登録
トヨタ カローラルミオン 新型・現行モデル