トヨタ コペン 「"GRコペンは""ベスト・コペン"""」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

山田 弘樹
山田 弘樹
自動車ジャーナリスト
評価

3

デザイン
2
走行性能
2
乗り心地
2
積載性
3
燃費
3
価格
1

"GRコペンは""ベスト・コペン"""

2021.9.27

年式
2019年10月〜モデル
総評
小さなオープン2シーターを、緩く小粋に楽しみたいユーザーに向いている。長く乗り続けるうちに愛着が沸いて、色々手を入れながらマニアックに愛し続けるオーナーも多い。
満足している点
何よりこの小ささ。小さく機敏なスポーツカー、しかもオープンモデルというところに、他では味わえない面白さが凝縮されている。
不満な点
S660のような本格ミドシップスポーツと比べてしまうと、シャシー性能や乗り味の上質感は一歩譲る。しかしその緩さも加味して楽しむことができれば、いい相棒になると思う。
デザイン

2

小動物を思わせる初代コペンから、突如デビルマン顔に変貌した新型だが、意外とこれが人気。カワかっこいい小さなオープンカーというスタンスだ。
走行性能

2

走行性能の向上をテーマとしたコペン第4のモデル「GR SPORT」はスポーツを謳いつつも、抜群のしなやかさを手に入れた。車体の揚力も10%ほど抑えられ直進安定性が高まったのも印象的だ。
乗り心地

2

ボディ補強によって剛性があがった分、サスの動きが良くなり、従来型より一段上質な乗り味を得た。
積載性

3

ルーフを閉じた状態なら9インチのゴルフバックもなんとか積めるというラゲッジ。このサイズのスポーツカーとしては合格点があげられると思う。
燃費

3

CVTモデルのカタログ値は19.2km/L。軽自動車として考えると実燃費は多少劣るとしても、スポーティカーとして考えればかなりいい。
価格

1

軽自動車だと思うと二の足を踏むが、オープンスポーツを買うつもりなら、妥当な価格だろう。
山田 弘樹
山田 弘樹
自動車ジャーナリスト
自動車雑誌「Tipo」の副編集長を経てフリーランスに。編集部在籍時代に参戦した「VW GTi CUP」からレース活動も始め、ワンメイクレースやスーパー耐久に参戦。この経験を活かし現在執筆活動中。愛車は86年式のAE86と95年式の911カレラ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。A.J.A.J.(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。
トヨタ コペン 新型・現行モデル