現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > カリーナ > みんなの質問(解決済み) > 平成1年~10年に作られたトヨタ車は故障しに...

トヨタ カリーナ のみんなの質問

解決済み
回答数:
3
3
閲覧数:
328
0

平成1年~10年に作られたトヨタ車は故障しにくいというイメージが強いですが実際どうでしょう? かなり古いコロナ、カリーナ、カムリが多いですが。。。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

バブル期に設計されたので、甚大な故障や、細かい故障が各部を一周して修理代がかさんで嫌気が差すなんてことは
ありません。
当方は平成6年式EP82スターレットですが、修理に出したのはエアコン(3万円台)だけです。
他は常に酷使するような乗り方をしたので、
定期交換部品以外ではガタが来たハブベアリングの交換をした位でしょうか?
それだけしっかりしているので、安心して振り回せます。

その他の回答 (2件)

  • 平成3年式の1500CC車に乗っています。
    さすがにエアコンが去年壊れました。その他はまったく修理交換していません。(タイヤ交換はしましたが)

  • ネッツ店のサービス部主任さんが言ってましたが、やはり80~90年代のトヨタ車は全体的にしっかりした作りだったようです。しかも今ほど複雑な構成部品を使ってなかったので、メンテナンスもラクだと言ってました。

    それに比べ2000年代に入り、不況や車体の省力化などもあり全体的に雑な作りになってきているそうです。特に1BOX・ミニバンがブームになった2003年以降はそれが顕著だそうです。(特にエスティマはひどいとか・・・)

    また電子制御化が著しいエンジン関係の故障では、80~90年代のクルマはある程度の熟練整備士であれば経験で直せた物も、最近のクルマはその経験が通じず、予期しない所が異常を起こしたりするそうで整備はしにくいとの事でした。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

トヨタ カリーナ 新型・現行モデル

トヨタ カリーナのみんなの質問ランキング