現在位置: carview! > 新車カタログ > トヨタ(TOYOTA) > カルディナ > みんなの質問(解決済み) > トヨタのカルディナはスバルのレガシィに対抗し...

トヨタ カルディナ のみんなの質問

解決済み
回答数:
10
10
閲覧数:
10,571
0

トヨタのカルディナはスバルのレガシィに対抗して造られた車だというのを雑誌で見たよ

トヨタのカルディナはスバルのレガシィに対抗して造られた車だというのを雑誌で見たような気がするんですが本当ですか??

両車を比較するとしたら走行面、乗り心地面などどちらが上なんでしょうか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

本当だと思います。

トヨタはライバル車潰しがお家芸ですから。ホンダの初代ストリームで分かるように2匹目のドジョウ狙いでクリソツでウィッシュを後発で販売し見事ストリームを撃破したのは記憶に新しいところです。自分はウィッシュをトヨタ・ストリームと呼んでいます。

トヨタのグランビア・グランドハイエースが日産の初代エルグランドに負けた時もライバル潰しでアルファードを発売し現行エルグランドに大きく水を開けています。2代目ランドクルーザー・プラドも2代目三菱パジェロそっくりのデザインをしています。

でカルディナとレガシィの比較ですが、全てにおいてレガシィに軍配が上がるでしょう。初代レガシィの誕生にはレオーネと言う車がありました。直線基調で無骨なスタイルでしたがそれを元に高級感を与えたレガシィが誕生しました。

水平対抗エンジンや独自の機構を持つレガシィには勝てないと思います。エンジンと言い乗り心地と言いカルディナには無いものがあります。カルディナは同じターボ車でもトリッキーなフィーリングだし乗り心地もただ突っ張ってる硬い乗り心地です。

その他の回答 (9件)

  • 何もかもレガシイが上ですしこのジャンルはレガシイの圧勝です。
    どこの会社もどこの車も勝てません。

    カルディナに3SGと言うセリカのターボエンジンを改良しカタログ5馬力アップのを
    積んできましたが強烈なエンジンにボディが耐えれなかったそうです。

    新型はその辺を改良してきて
    ~スポーツカーが嫉妬する~などのCMが印象でしたが・・・・所詮トヨタ馬力でした。
    レビンVSシビックやアルテッツアなど有名ですね。検索でも出てきます

    WRCベースのセリカよりツーリングワゴン車のレガシイの方が速いと言うまぁ・・

  • 89年にスバルがレオーネをレガシイに変えワゴンも一新したころ、国産他社で対抗となるまともな
    ワゴンは、アコードワゴン(ホンダ)とカペラカーゴ(マツダ)くらいだったと思います。
    その後、レガシイツーリングワゴンの成功に対抗して、各社ステーションワゴンを続々と投入したんです。
    91アコードモデルチェンジ(ホンダ)
    92カルディナ新規(トヨタ)
    94カペラモデルチェンジ(マツダ)・アコードモデルチェンジ(ホンダ)
    96ステージア新規(日産)・オルティア新規(ホンダ)
    97プリメーラ新規(日産)
    他にもいろんなクラスで各社ワゴンを投入し、モデルチェンジもしました。

    カルディナは、以上の流れで言えば、「レガシイに対抗して作られた車の一つ」と間違いなく言えます。
    ですが、これだけ束になってかかった結果、レガシイの一人勝ちです。

    次に、レガシイツーリングワゴンとカルディナの比較のお話です。
    販売台数面では圧倒的な差がついてしまっていますが、グレードも多様ななかで、一概に
    「走行面と乗り心地面など」での良し悪しは言えないと思います。
    各々の好みで評価はバラバラなはずですから。
    両車のいろんなグレードを試乗してみて初めて、「こっちのほうがこういう面でいい」と各自の
    基準で判断できるのではないかと思います。

    私個人の意見では、過去のカルディナはレガシイに比べて魅力が少なかったと感じます。
    ですが、現行モデルのカルディナはデザインを除けば「トヨタの賭け」が窺えるため評価できると
    感じています。
    でも、現行含め歴代カルディナのデザインは、個人的にはNoです。


    国産他社が90年代からレガシイに対抗してワゴンを作ってきたのに対して、
    スバルはその前から欧州メーカーのワゴンとそのユーザー評価を視野に入れて作ってきた、
    この違いは大きく、なかなか埋まらないと思っています。

  • 他社が発表した車に対抗する車を、自社で作るのは自動車メーカーとして当たり前のこと。
    個々人によって感覚や志向が違うから、単純な比較はスペック上でしかできないのでは?
    ト○タは法に触れる開発や商法を行っている訳ではない。自由競争なのだから負ける方が悪い。
    レクサスをやっかんでト○タを否定している発言があるが、むやみやたらに日産を迎合しているだけのサルに他社を批判する権利なし。昭和40年代の日産車は正に大人の車とかのうんちくと、モーターリゼーションうんぬんにはもう飽きた。というか、どこに行っても同じ書き込みをしているので目障りだ。引退してマスターベーションに励んでくれ。。。

  • 他社が大切なカテゴリーと思い育ててるジャンルへ資金力に物を言わせ、土足で踏み入れて台無しにして撤退がト○タの手法です。

    過去にはファミリアHBに対してカローラⅡ、スカイライン2ドアHTに対してソアラ、レガシーに対してカルディナ等々。

  • その通りです。
    当時、まともなステーションワゴンと言えばレガシィくらいしかありませんでした。
    あとはマークⅡワゴンやセドリックワゴンなど(オッサン臭い)。
    いわば一人勝ち状態でした。
    これではいかんと各社こぞってステーションワゴンを作って行ったのです。
    その1つがカルディナと言うことです。
    性能面では甲乙付けがたいですが、レガシィの方がファンは多いです。

  • 仰るとおりです。が、トヨタの場合は販売台数を考えるあまり誰でも乗れる車に仕上げた為に
    カローラもどきになりました。結局はスバルを丸ごとトヨタグループに抱き込んだということになります。
    ですので今後は対抗する必要も無いという結果です。

  • 本当です。どちらが上か?は主観ですから人によって違うでしょうが、
    カルディナは商用車共有ボディ、レガシイは乗用車専用ボディです。
    設計時点で、カルディナがかなり不利であることは事実でしょうね。

  • トヨタには古くから4WDワゴンのスプリンターカリブが存在し、この分野ではスバルレオーネのワゴンと人気を2分していました。
    後にレオーネがレガシィへと移行し、一クラス上にステップアップしたので、これに対抗するためにコロナ・カリーナバンをカルディナへと進化させました。
    確かに対抗策ですが、レオーネが激戦区で勝算の少ないカローラクラスから、より楽なクラスに移動した事が起因です。
    一方でスバルは、大きな代償を支払っています。
    レガシィへの移行で、レオーネバンで開拓し、築き上げた4WD商用バンの市場を完全に失ってしまいました。


    性能面に関しては、好みが全てとしか言いようがありません。

    レガシィの低重心シンメトリーAWD云々は、それなりに評価の値が有りますが、実際に乗り比べると、その違いに感銘する事はありません。
    心理的なもの(思い込みによる暗示)が殆どです。
    また、高剛性ボディーに硬めの足回りを採用し、素晴らしい走行性能手に入れましたが、乗り心地に関しては平均点と思います。
    ゴツゴツした乗り心地が好みなら別ですが・・・
    古くからのスバルファンには、伝統とする「柔らかめで粘る足回り」を感じられる、低グレードモデルの方が人気があります。

    カルディナは、さすがトヨタと関心させられます。
    走行性能、乗り心地ともに、そつなくこなしています。
    ただレガシィと比較すると、作りこみ良さは有るものの、滲みでる高級感は感じられません。


    論より証拠、試乗車やレンタカーなどで、乗り比べてみてください。

  • 本当です
    乗り心地に関しては人それぞれ好みがありますから何ともいえませんがその他では全然相手になっていません
    このクラスのワゴンはレガシィの一人勝ちです

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

トヨタ カルディナ 新型・現行モデル

トヨタ カルディナのみんなの質問ランキング