現在位置: carview! > カタログ > スズキ > ワゴンR > みんなの質問 > スズキワゴンR ソリオ 平成15年式 エン...

『スズキワゴンR ソリオ 平成15年式 エン...』:スズキ ワゴンR

回答受付終了スズキワゴンR ソリオ 平成15年式 エンジンM13A 距離は60000キロ

スズキワゴンR ソリオ 平成15年式
エンジンM13A
距離は60000キロ走行中、信号が赤なので、アクセルから足を離し惰性で走行する時にたまにですが、エンジンが止まります。ほんの1、2秒のことです。アクセルを踏むと再びエンジンが掛かる時とそのままエンストしてしまう事もあります。ディーラーに修理に出し、1回目はコンピューターの回路を新しく書き直してもらいましたが、しばらくすると同じ症状があらわれ、2回目の修理はイグニッションコイルとプラグ、プラグコードを交換しました。その3日後にまたまた同じ症状がでました。これはなんなんでしょうか?いま、ディーラーに修理に出していますが良く分からないみたいなんです。
どなたか分かる方が居ましたら教えて下さい

回答一覧

3件中 1~3件
  • エアスロットルの故障した症状に似てる。

  • スズキのエンジンの不調のお約束はISCVのお掃除。
    次が、IGコイルとか、カム角センサーやクランク角センサーの劣化。
    です。

    M13はカム角とクランク角(って言い方じゃなくてカム角×2だったかも知れないけど何れにせよこやつらが)経年で劣化して正常な情報を送れなくなってストールするようになる事はスズキのエンジンで多いです。

    H18年型MA34Sソリオ(18年型は「ワゴンR」表記ではない)乗っていましたけど、異常は記録されないのにストールする事があってセンサーを両方交換したら復活した事あります。

    通常は診断機繋いでみると異常記録されるんだけど、記録されない(もしくは異なる所が記録される)事あるんで、可能性はあるでしょう。

    部品自体は大して高くないんだけど、片方は交換が超面倒(もう片方は誰でもすぐに交換できてしまう)なんで工賃はそれなりにかかってしまいます。

    多分不調の原因とは違うと思うけど、PCVバルブってのも経年で動きが悪くなって、エンジンオイルを吸い上げては燃焼室に送ってしまうようになるから、一度も交換した事ないなら交換しておいたほうがいいでしょう。
    値段はたしか千円程度です。
    自分でも交換できます。が、おそらくバルブを差し込む先のパッキンも劣化しているだろうからディーラーさんで交換してもらったほうがいいかも。パッキン取り外すのを失敗したらエンジン内部に落ちます(自分は落としてヘッドカバー開けるハメになった事あります)。

    参考までに。

  • エンジンが止まります。

    エアコン
    A/Cスイッチを常時ONの時・エンスト
    エアコン関係


    エアコン
    A/CスイッチをOFFの時・エンスト
    マフラー出口・内部・黒っぽい煤・目視確認でしたら
    点火系関係
    センサー系関係

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。