現在位置: carview! > カタログ > スズキ > ワゴンR > みんなの質問 > スズキの軽自動車ワゴンR 平成23年式は

『スズキの軽自動車ワゴンR 平成23年式は』:スズキ ワゴンR

解決済みスズキの軽自動車ワゴンR 平成23年式は

スズキの軽自動車ワゴンR 平成23年式は何万キロ走るのですか?
今、16万キロ過ぎたぐらいですが
まだ、走るなら乗りたいのですが
限界は どのくらいですか?
ワゴンRリミテッドは?

そろそろオイル漏れとか
足廻りにガタがきているのですか?
詳しい方教えてください

ベストアンサーに選ばれた回答

新車から純正オイルを5000キロ交換に1万キロ時にオイルフィルターも交換を欠かさなかったなら、20万キロは通過点です。
後は、ファンベルト類(純正限定)は5万キロ、プラグは5万〜7万キロ毎に交換、バッテリーは弱った感が無くとも3年位で交換… 此れが大切です、要は不具合が出る前に予防整備的に交換が経済的です。
幾ら高級とうたってても、社外オイルはNGです、オイル漏れ、オイル消耗を誘発するだけです、オイルは自動車メーカー製で同等レベル品ならOKです。

リース車両である薬の外商とか、保険の営業とかで使われてる兄弟車両のアルトとかは普通に20万キロ〜30万キロは走り続けてます。

回答一覧

9件中 1~9件
  • その気になれば100万キロでも可能ですよ。
    壊れたら、修理すればまだ乗れるんですから

  • 壊れた時に考えます。
    修理した方が安く乗れるか
    買い換えるか
    時期が来れば必ず誰しも体験します
    その前に換える人がほとんどでしょうけど。

  • 今の状態であれば、40万円キロ程度であれば大丈夫ですよ。

    メーカーが指定したオイルを指定した時期に交換をしていればエンジンは長持ちでしますよ。

  • 神のみぞ知る事で誰にも分かりません、明日壊れるかも知れないし、
    持ち主が1番詳しいはずなんです。
    我々は車を見た事も無いのですから。

  • 距離はわかりませんが、故障個所を修理すれば、まだまだ行けます。
    限界は、フレーム等が腐って車検が通らなくなった時。

  • 知恵袋で様々な質問や回答読んで混乱してるんじゃないかと質問内容から感じました
    私は21年落ちの骸骨顔のジムニーですが不具合直しながら23万キロ超えました
    消耗パーツ交換って言ったって、どのパーツが消耗早いのかプロじゃないとわからないですよね
    結果として故障するまで乗って故障したら直すのにどのぐらい費用掛かるのか調べて、直すかどうかを決める事になるかなぁ〜
    長く乗るならあれこれ不具合出る前に交換って事に成るけど、これはこれでまた大変です

  • エンジンの限界?
    別に壊れたら載せ替えすれば
    まだまだ乗れますよ

  • ワゴンR、いい車ですよね♪

    16万キロ走れば、当然足周りや、オイル漏れもしょうがないですよね。

    でも、メンテナンスをしっかりすれば、20万キロは、余裕ですよ!

    中古のパーツで、程度の良い物を交換して、メンテナンスすれば、
    価格も抑えられます。
    燃料フィルターの交換を、オススメしますよ。。。
    以外と汚れてます。



    当方、H2年車、27万キロ乗ってます。まだまだ現役ですよ!

  • メンテと乗り方、環境による。
    今現在何も無ければ乗ればいいよ。
    車はキロ数で壊れたりするものじゃないよ。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。