スズキ ワゴンRスティングレー 「乗り出し満4年経過 故障ナシ」のユーザーレビュー

misochanko misochankoさん

スズキ ワゴンRスティングレー

グレード:X_4WD(CVT_0.66) 2014年式

乗車形式:マイカー

評価

4

走行性能
4
乗り心地
3
燃費
3
デザイン
4
積載性
5
価格
-

乗り出し満4年経過 故障ナシ

2020.12.27

総評
はじめてのスズキ車だったけどよいと思います
(ダイハツMAXとの比較なのであしからず)

・暖まれば静かでなめらかなエンジン
・転がり抵抗の減少(スーと走る)
・部品供給に心配がない
・カスタムする先達がたくさんいること

お値段も高くなってますけど軽自動車もよくなったんだと感心

いまだにリコール出るけど、コストダウン・軽量化との闘いの副産物かな
満足している点
クルマに詳しくない私の感想です
2014(平成26)年10月初年度登録で2016(平成28)年12月走行10kmから乗ってます
・今のところ軽自動車税7,200円、もろもろ税金・保険などの費用が安いところ

・高速道路も80km/hならストレスなく巡行できます
・燃費15~20km/Lはあります
アイドリングストップからの再始動が静か(Sエネチャージ)
4WDにして雪道でスタックしずらくなりました

細かい不具合はディーラーに相談すると無償で交換してくれるものが多かったです

走行不能・走行に支障をきたすような故障は今のところありません
不満な点
・コストかけられないんでしょう、遮音関係が残念です

・エコタイヤで後部がハネウマのように段差で突き上げます→レグノレジェーラにしてからかなりしっとりしました

・燃料タンク27Lでは小さいと思います、雪のシーズンは心配です
デザイン

4


・現行のMH55~と比べ顔がスキっとしてまとまり感があります、現行モデルのセンターメーターは苦手です

・外装は余計な凹凸がなくシンプルで洗車が容易、ボディーカラーのスチールシルバーは汚れが目立たなくて正解

・内装はペラペラ、加工しやすいけど残念、しかし、シボや加飾が施してあり触らなければいい感じ
走行性能

4

・座点が高く見晴らしや見切りよし、後進時はバックカメラがないと不安
・パワー感:平地0-50km/h(3500回転以下)は快適、長い上り坂はきびしい、4500回転以上はうなるだけのようです、ターボがほしいところです

・エンジンブレーキ:回生ブレーキとシフトSボタンのON・OFFでうまいこと減速調整できるのでCVTだけど4WDだから?かエンブレ使えます
長い下り坂でも極力フットブレーキ使わなくて済みます

・ハンドル:直進安定性あり、それでいてしっかりカーブできて、回頭性はよいと思います
下りヘアピンでの 減速 - カーブ - 加速では後続の普通車を離してます

・もうちょっと加速の伸びがほしい、だがいまいちのチカラ不足がゆえに扱いやすいのかもしれません
乗り心地

3

・サスペンション:硬いのか柔らかいのかわかりません
段差通過時の突き上げ激しいのに、車高のせいか左右の揺れはかなり感じます、燃費稼ぎのためのタイヤの高空気圧(280)ってやりすぎでしょう、現行はモデルは240になってます

静粛性
・走行音激しいです、舗装の良好なところは本当に静かなんですが、舗装の不良なところはうるさくて残念(ちょうど音がこもる周波数になるんです、若干窓を開けて調整してます)
・あとは雨天時走行の時のルーフ・ガラスに当たる雨音・後部タイヤハウスの水しぶき掻き上げ音すごいです
・エンジン音や排気音は殆どきになりません、好みの音質かもしれません

・空調:冷房・暖房とも走行してないと効きがわるいし、風吹き出し音がうるさいです、現行のハスラーは静かでしたよ
積載性

5

積載性:
・荷物えっ?っていうくらいたくさん積めるます
後部座席が左右独立でスライドすることとリクライニング三段とダイブダウンしてフラットになるのはGOOD←大好きです

・前席・後席シートレイアウトの逸品だとおもいます

・トランク側から後部座席下に若干の空間があり、ブースターケーブル、けん引ロープ、車載工具を積んでます
燃費

3

冬はスタッドレスタイヤ装着、チェーン、スコップ、雪落とし棒ほか冬用品を積載するで当然燃費悪化するとして

・サマータイヤで
高速100km/h走行で15km/L、高速80km/h走行で20km/L
一般道50km/h走行で25km/L、買い物走行15km/L

4WDのせいかそんなものです(不要物を乗せすぎかも)
価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

スズキ ワゴンRスティングレー 新型・現行モデル