現在位置: carview! > 新車カタログ > スズキ(SUZUKI) > パレット > みんなの質問(解決済み) > スズキ パレット 平成20年式 MK21S

スズキ パレット のみんなの質問

解決済み
回答数:
3
3
閲覧数:
221
0

スズキ パレット 平成20年式 MK21S

エンジン吹き上がらず
アイドリング不安定の為
イグニッションコイル、プラグ交換しました。
アイドリングは安定し
アクセルをゆっくり踏み込むと
元気よく吹けるようになりました。

しかし、動画のように
勢い良く一気にアクセルを開けると
エンストします。

https://youtu.be/3aAnc8Y1Fow

(動画ではエンストまでいってませんが、そのまま開け続けるとエンストします。)

エンストした後は
エンジン始動時にセルモーターが回ってもなかなかエンジンかからず
アクセルを何回か踏むとようやくかかる
といった症状になります。

エアクリボックスはちゃんと戻してると思います
空気が入りすぎる?感じですが
コンピューター関係でしょうか?
機械的なものでしょうか?


アドバイスよろしくお願い致します。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

似たような軽自動車を修理しました。主原因は加速時プラグの碍子でリークするため火花が弱くなり失火していたことです。3本のうち1本が碍子にリーク痕があったので耐水ペーパー1500番で磨き落とし、茶色のコロナ痕もついでに落とし綺麗になりました。もう一つの原因はスロットルバルブの汚れで、外してクリーナー側とエンジン側をパーツクリーナーで清掃しました。これで以前のようにミスファイヤーしなくなりました。プラグの電極の摩耗はみられなかったのでペーパーで清掃して復活しました。定期的に清掃点検は有効だとおもいます。普通は交換するのですが。

質問者からのお礼コメント

2021.6.5 13:03

ありがとうございました
作業はまだですが
同じ症状のご経験があるとの事で
非常に参考になりました。

その他の回答 (2件)

  • プラグ交換は正解でしょうが、スロットルボデーの掃除も必須です。鼻の穴も時々ほじくってやらなければ息がし難い。

  • しかし、動画のように・勢い良く一気にアクセルを開けるとエンストします。

    動画・画像トラブルで・閲覧しておりません

    K6Aエンジン・点火系
    K6Aエンジン・センサー系
    などを疑う

    マフラー出口・内部・黒っぽい煤・目視確認ではないでしょうか

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

スズキ パレット 新型・現行モデル

スズキ パレットのみんなの質問ランキング