現在位置: > > > > > クルマレビュー ~スズキジムニーXA TA...

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『クルマレビュー ~スズキジムニーXA TA-JB23W』の口コミ

  • クルマレビュー ~スズキジムニーXA TA-JB23W

    総合評価:10点満点中8点

    投稿日:2019年8月15日

    投稿者:志津川かきつばた本舗 さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:スズキ ジムニー
    グレード:不明 (1998年式)

    総評
    このジムニーJB23は、私の兄がサンバートライXVの過走行を避ける為のセカンドとして所有していたサンバートラック(M-KT2・1985年式)の冷却系不調が重篤化していた事から代替として中古購入、2019年8月10日に納車されました。

    JB23の3型に該当するモデルで型式はTA-JB23W、初年度登録は2001年2月で車体 
    色はスペリアホワイトです。

    1998年10月から2018年2月迄の長きに渡って発売されたJB23、一番旧い個体ですと車齢が20年を超えますが、上級のXCグレードはその一番旧い年式でも状態が良い個体は依然として高価であり、価格が安く且つ全般にヤレが少ない事が決め手となった次第です。

    私の兄も購入時に中古車販売店にて説明されたとの事でしたが、やはり一番戸惑ったのがK6A型エンジンのピーキーな特性と5速マニュアルミッションのシフトフィーリングで、嘗て私が兄から名義変更を経てヴィッツ初代(TA-SCP10・2000年式)の併用という形にて所有していたジムニーJA11(パノラミックルーフ3型・1993年式)の活発な走りが懐かしくも感じられました。

    其でも、JA11では国道など街中でも鬼門だったハンドリングもJB23では劇的に向上しており、乗り心地や静粛性も更に穏やかになるなど、魅力的な点も多いです。

    ピーキーなエンジン特性は乗りこなし甲斐があると肯定的に考えての上で、やはり今後の課題としてシフトフィーリングは何とかしたいと思いました。
    インプスか何処か失念しましたが、確かJB23用のアフターパーツとしてクイックシフトなるキットが発売されていた記憶があり、若し懐に余裕があれば装着したいと検討している処です。
    そしてサンバートライXVとR2 Rタイプと同様に、経年劣化対策にも力を入れて永く乗り続けられればと考えております。






    満足している点
    ・スタイリング。個人的に3型迄のフロントマスクは好み。
    ・視界が良く、特にフロントウインドウは現行モデルであるJB64系よりも上下に広く見晴らしが良い印象。
    ・ロールも唐突さがなく扱いやすいハンドリング。
    ・長距離でも疲れにくい乗り心地。
    ・前席は見た目よりも体に馴染みやすく、硬さも吟味されており座り心地が良い。
    不満な点
    ・5速マニュアルミッションはシフトフィーリングが物凄く悪い。
    ・エンジンは2,800回転以下では元気が無い特性で、扱いやすさに難がある。
    ・物入れが少ない。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)