現在位置: > > > > > ジムニー史上最高の静粛性と高級感

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『ジムニー史上最高の静粛性と高級感』の口コミ

  • ジムニー史上最高の静粛性と高級感

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2018年8月9日

    投稿者:Cervo_SR さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:スズキ ジムニーシエラ
    グレード:JC_4WD(AT_1.5) (2018年式)

    総評
    あいにく行きつけのディーラーには軽タイプのジムニーが展示車のみだったためシエラに試乗。
    試乗前に、軽タイプの内外装をさんざんにチェックして感じるのは、デザインが洗練され高級感すら漂う点。
    それでいて良い道具感も向上している。

    試乗前にシエラの外装も軽くチェックすると、同じボディーとは思えない大きい塊感を感じる。
    いざ運転席に乗り込むと、前述のインテリアの良さに包まれる。
    色がジャングルグリーンなこともあり、Jeepラングラーかレンジローバーに乗り込んだような錯覚がある。
    走り出すと、しっとりとした上質感とどっしりとした安心感に驚く。
    直線でフルスロットルさせてもらったが、4ATなこともあってスポーティーなキビキビ感こそないが、ゆとりがあって高速道路や長距離移動も楽そうだ。

    100km/h巡行時のエンジン回転数の新旧比較は下記の通り。

    <JB43W(先代)>
    5MT:3580rpm
    4AT:2980rpm

    <JB74>
    5MT:3130rpm
    4AT:3020rpm

    このように、軽タイプと同様5MTの改善率が素晴らしい。
    高速試乗はしていないが、もうその快適性は推定できるものと言えよう。
    売り逃しが多発していそうなくらいの納期の遅さが残念である。
    おそらく需要はロングランとなりそうなので、是非テコ入れして欲しい。

    シエラは言わずと知れた、最強クロカン車ジムニーにゆとりを持たせたモデル。これまでは厚着をしたジムニーといったニッチであいまいな存在だったが、JB64/74の強化され重くなったラダープラットフォームは主に海外向けであるシエラを見据えたものとも見て取れる。世界的にどれほど受け入れられ、活躍していくのか見守るのが楽しみな一台だ。
    満足している点
    ・静粛性
    ・高級感
    ・安全装備
    ・悪路走破性(推定)
    ・高速巡行性能(推定)
    ・デュアルカメラブレーキサポートのフロントガラスに占める小ささ
    ・ルックス
    ・カラー展開
    不満な点
    ・月産台数が少なすぎて納期が遅すぎる(2018/8/9現在)
    ・赤色が欲しい

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)