スズキ エブリイワゴン 「車中泊にもぴったり」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

まるも 亜希子
まるも 亜希子
自動車ジャーナリスト
評価

4

デザイン
5
走行性能
4
乗り心地
3
積載性
5
燃費
3
価格
4

車中泊にもぴったり

2021.9.30

年式
2015年2月〜モデル
総評
購入価格や維持費を抑えつつ、とにかく荷物をたくさん積みたい人、キャンピングカーまではいらないけど車中泊したい人、たまに家族も乗るけど仕事で使う人、というライフスタイルにぴったりの1台です。
満足している点
あまり後席に人を乗せるイメージはないかもしれませんが、スライドドアのステップが地上390mmと低く、ルーフが高いので腰をかがめなくても乗り降りがラク。お年寄りにも優しいクルマです。
不満な点
パワースライドドアが両側に標準装備なのはトップグレードのみで、中間グレードは左側のみ、ベースグレードは装備なし。オプション設定もないので、家族で使うならトップグレード一択になってしまいます。
デザイン

5

シンプルながら堂々とした雰囲気もあり、さしずめハイエースの軽自動車版的なデザイン。実用性を犠牲にするところはまったくなく、半分プライベートで半分ビジネスで使いたい、という人にちょうどいいと感じます。
走行性能

4

パワーは十分で、荷物満載での高速走行は、合流などの上り坂でやや息継ぎしますが、市街地ならまったく不満なく走ります。アイドリングストップからの再始動がブルンと大きめな振動ですが、小回りも効いて運転しやすいです。
乗り心地

3

13インチタイヤと14インチタイヤでギャップを拾いやすく、足も硬めになっているため、後席はややポンポンと跳ねます。ある程度荷物を積載した方がリヤが落ち着いて乗り心地が良くなる印象です。
積載性

5

後席が180mmのシートスライドで、最前端にすれば4人乗車でもしっかり荷物が積める実力派。助手席までフラットになるので、サーフボードなど長い荷物も余裕で積めます。荷室サイドの小物ポケットも便利。
燃費

3

アイドリングストップは搭載されているものの、WLTCモードで13.3km/Lは今ひとつな印象。パワフルに走ろうとするとどうしてもアクセルを踏み込んでしまうので、実用燃費はさらに悪化することが多いです。
価格

4

ターボエンジン搭載のキャブオーバータイプのワゴンとして考えると、妥当な線という印象の価格設定。ルーフが9.5cm高くなるハイルーフは1万1000円アップと、こちらは控えめな価格アップでお得感が高いです。
まるも 亜希子
まるも 亜希子
自動車ジャーナリスト
映画声優、自動車雑誌編集者を経て独立。雑誌、ラジオ、TV、トークショーなどメディア出演のほか、モータースポーツ参戦や安全運転インストラクターなども務める。2006年より日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。YouTube「クルマ業界女子部チャンネル」、「おっさん on boad」にも出演中。
スズキ エブリイワゴン 新型・現行モデル