スズキ エブリイワゴン 「「積める軽」としては最強か」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

伊達 軍曹
伊達 軍曹
自動車ジャーナリスト
評価

4

デザイン
4
走行性能
3
乗り心地
3
積載性
5
燃費
3
価格
4

「積める軽」としては最強か

2021.10.29

年式
2015年2月〜モデル
総評
商用バンベースならではの弱点もある車ですが、「積める軽自動車」を求めているならば、これに勝る選択肢はそうそうあるものではありません。
満足している点
室内の広さに関しては「最強の軽自動車」と言えます。長尺物を積んだり車内泊をしたりする軽自動車としては最適なモデルのひとつです。
不満な点
商用バンがベースですので、走行安定性や快適性などは、許容範囲ではあるのですが、一般的な軽スーパーハイトワゴンほど優れているわけではありません。
デザイン

4

手頃な価格と軽規格という枠の中で最大限のスペース効率を追求していますので、いわゆる「カッコよさ」みたいなものは当然感じられませんが、「機能美」にはあふれています。
走行性能

3

搭載エンジンは軽量・高効率な直3DOHCターボ。軽自動車としては車重が重いため(950kg〜)ターボエンジンであっても加速はやや緩慢ですが、速度が乗ればそれなりに活発に走ることができます。背が高いためコーナリングも決して得意ではありませんが、不安感はなく、それなりに安定しています。
乗り心地

3

重心が高いため若干左右に振られがちですが、粗さや硬さのようなものはありません。
積載性

5

一般的な軽スーパーハイトワゴンと違ってエンジンが運転席の下にありますので、室内長は軽スーパーハイトワゴン以上です。積載性は「抜群」と評して間違いありません。
燃費

3

WLTCモード燃費は13.3km/L。激しく悪いわけでもありませんが、さほど良好ではありません。
価格

4

ハイルーフの4WD車はそれなりの値段がしますが、それ以外の各グレードはいたってリーズナブルな価格です。
伊達 軍曹
伊達 軍曹
自動車ジャーナリスト
外資系消費財メーカー勤務を経て出版業界に転身。輸入中古車専門誌の編集長を務めたのち、フリーランスの執筆者として2006年に独立。現在は「手頃なプライスの輸入中古車ネタ」を得意としながらも、ジャンルや車種を問わず、さまざまなメディアに多数の記事を寄稿している。愛車はスバル レヴォーグ STIスポーツ。
スズキ エブリイワゴン 新型・現行モデル