現在位置: carview! > カタログ > スズキ > エスクード > レビュー・評価一覧 > 10000km乗ってみて思ったこと

スズキ エスクード 「10000km乗ってみて思ったこと」のレビュー

TKC3 TKC3さん

スズキ エスクード

グレード:エスクード 1.4ターボ_4WD(AT_1.4) 2017年式

乗車形式:マイカー

評価

5

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

10000km乗ってみて思ったこと

2019.5.2

総評
2〜3人で荷物を積んで乗車するにはぴったりなサイズのスポーティSUV。
エンジンはトルクも太く、動力も十分。
「ALL GRIP」による4輪制御が秀逸で、濡れた路面やカーブが連続するような場面でも安心して運転が出来る。

ミニバンや軽自動車などで歯痒い思いをしているお父さん達には熱きココロを思い出させてくれる、「ホットハッチ」に近いスポーティSUVである。
満足している点
ハンガリーで作られただけあって、欧州車の雰囲気が満載。
実用的で無駄を廃した無骨なデザインが昨今の豪華主義の国産車と違い、「ツール」として質実剛健で、クルマ好きな男性にはたまらない。

特に高速道路での挙動が非常に安定しており、雨天で路面が滑りやすい状況でも「SPORTSモード」で走行すれば気持ち良くステアリングが切れる。
4.2mを切る全長に対して1.775mという割とワイドな全幅と、欧州で鍛えられたしっかりした足回りのおかげか、車体のロールも少なく安心して運転が出来る。

特に足回りは硬いサスペンション・ダンパーによるゴツゴツ感ではなく、しっかりボディに合わせて締め上げて鍛えたような逞しさがある。
またSUVにしてはボディ剛性も高いようで、軋み・たわみ・ねじれ感は感じられない。

1.4ℓのターボエンジンはカタログ上では「非力かな」と心配だったが、一度乗ってアクセルを踏むとそのスポーティさにみんな驚くはず。
しかも大阪の市街地で乗っても約12〜13km/ℓという燃費をマークする。
不満な点
4人乗ってキャンプグッズを人数分搭載してアウトドアなどに行くには役不足。
後席の足元が狭く、またリアシートはリクライニングしないので、大柄な人には長距離乗車は苦しいと思われる。
また荷室もそこまで大きくなく、ゴルフバックは2組が限界。
もう少しリアシート足元スペースと荷室長があればいいのだけど…

また「レーダーセンサー」の誤作動が多く、使用に不便さを感じるのはマイナスポイント。
デザイン

-

走行性能

-

ハンガリーで作られた欧州車だけあって、締め上げられて鍛えられた、不快ではない硬さの足回りを持つ。
FFレイアウトの4WDではあるが、十分なエンジン動力と秀逸な四輪制御で安定した走行が可能。
しかも最小回転半径5.2mと小回りもきく。
また剛性の高いボディと相待って、ファミリーカーにはないスポーティな走りが楽しめる。
乗り心地

-

かなり硬い目の印象。
しかしシートのサイドには本革が使用されており、座面もしっかり作られているので、硬い足回りの割には長時間運転しても疲れにくい。
積載性

-

大人4人が乗ってキャンプに行くには明らかに約不足な荷室量。
ゴルフバッグも2つが限界で、お世辞にも広いとは言えない。
燃費

-

当方は大阪市街地で、ストップ&ゴーが多いけれど、実燃費平均で12〜13km/ℓで走ってくれる。
高速道路や自動車専用道路ではマルチインフォメーション画面上では16km/ℓを超え、21㎞/ℓをマークすることも。
価格

-

故障経験
「レーダーセンサー」の誤作動が多く閉口する。
あとよく聞く話ではバッテリーが突然あがって苦労する案件を耳にする。

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

スズキ エスクード レビュー・評価一覧

マイカー登録
スズキ エスクード 新型・現行モデル