『初代ミライースと比べても・・・』 スズキ アルト の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > スズキ > アルト > 口コミ・評価一覧 > 初代ミライースと比べても・・・

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『初代ミライースと比べても・・・』の口コミ

  • 初代ミライースと比べても・・・

    総合評価: 2.0

    投稿日:2020年1月19日

    投稿者:飛鳥亮 さん

    乗車形式:その他

    メーカー・モデル:スズキ アルト
    グレード:L(CVT_0.66) (2018年式)

    総評
    マークX250RDS納車までの1週間、代車で借りました。
    母親の車の初代ミライースを何度も乗っており、ライバルかつ最新のエコ軽自動車がどんなものか楽しみでしたが・・・。

    早速違和感を感じたのが発進時。
    アクセルは一定に踏んでいるのに、20km/hを過ぎたあたりからローギアから急にハイギアに切り替わり、加速感が急に減少します。
    そして、そのまま加速をしていくと、想像以上にエンジンの音と振動が車内に入ってきます。
    また、アクセルオフの際、エネチャージの効き具合で減速感が変化するので、思い通りの減速が難しいです。
    それでも、圧倒的な燃費の代償ならまだ仕方ないと思いますが、一番驚いたのが実燃費です。ミライースが25km/を超える同じ道を同じように走って、アルトは20km/L前後。

    アイドリングストップのスムーズさは進化を感じましたが、加速・減速時の不自然なフィーリングにエンジンの振動。そして、カタログ値とはほど遠い実燃費には正直がっかりです。

    もし、両車のどちらがいいかと聞かれたら、ミライースと即答するでしょう。
    満足している点
    ・視認性のいいアナログメーター
    ・スムーズなアイドリングストップからの再始動
    ・突き上げ感のない乗り心地
    不満な点
    ・低速時のギクシャク感
    ・エネチャージによるアクセルオフ時の不自然な減速感
    ・期待にはほど遠い実用燃費
    ・エンジンの振動

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする