現在位置: carview! > 新車カタログ > スズキ(SUZUKI) > アルト > みんなの質問(解決済み) > スズキ アルト に積まれている、K6Aていう...

スズキ アルト のみんなの質問

解決済み
回答数:
3
3
閲覧数:
22,888
0

スズキ アルト に積まれている、K6Aていうエンジンて何か優れているんですか? 評価をお聞かせください。

補足

タイミングベルトはあるんですか?

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

スズキのエンジンのK6Aは 普通のエンジンです

オールアルミエンジンなので 軽い位かな

タイミングチェーンです

質問者からのお礼コメント

2013.4.7 01:15

皆さま回答ありがとうございました

その他の回答 (2件)

  • それなりにパワーを出せるよう設計されたエンジンです。
    低燃費優先にに設定されたエンジンではないです。

    最近のスズキの低燃費仕様エンジンはR06Aに変更されましたがこれはパワーを出すことは想定外でターボグレードでもいじろうと思わないほうがいい仕様のようです。
    K6Aならリッター150馬力以上でも余裕ですがR06Aは厳しいようですね。
    K6Aの前のF6ならもっといけるんですけどね。

    http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/1407/r06a/index.html

  • 草レースのヘボメカニックです。

    現在のスズキの軽四エンジンの主力はF06Aエンジンになっていて、K6AエンジンとF6Aエンジンを合わせたようなエンジンに進化しています。

    K6AエンジンはF6Aエンジンと基本構造を比較すると、ピストン行程がショートストローク化され、高回転型エンジンになりました。F6Aよりもトルクは太くなり、扱い易いエンジンになっています。

    シリンダーブロックも鋳鉄からアルミ合金に変更され、エンジン重量が軽くなりました。
    軽四のボディー規格が変更され、軽四の車重が重くなりましたが、その重量増加を少なくできました。


    エンジンをチューンアップする場合、F6Aではロッカーアームがネックになっていましたが、K6Aではダイレクトプッシュ方式に変わり、ロッカーアームは無くなりました。最大で160馬力オーバーにチューンした人も居るようです。

    しかしK6Aの耐久性は低く、バルブヘッドのボルト緩み等のトラブルを抱えるようになり、草レースの世界では まだ耐久性に優れたF6Aエンジンも 第一線で活躍しています。

    K6Aエンジンには色々なバリエーションが在り、バルブタイミング変更システムを備えたものや、バルブタイミング変更システムを廃止した上で ダイレクトインジェクションシステムに変更した最終型もあります。
    チューンアップするなら 初期型でしょうね。

    F06Aエンジンは K6Aエンジンの機構をそのままに F6Aエンジンのようなロングストロークエンジンにしたものです。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
スズキ アルト 新型・現行モデル

スズキ アルトのみんなの質問ランキング