現在位置: > > > > > スバルXVがディーラーに展示してあったので見てき...

『スバルXVがディーラーに展示してあったので見てき...』:スバル XV

解決済みスバルXVがディーラーに展示してあったので見てきましたが、あんなに小さいのにSUVなんでしょうか?コンパクトカーの車高をただ上げただけにしか見えなかったのですが。

スバルXVがディーラーに展示してあったので見てきましたが、あんなに小さいのにSUVなんでしょうか?コンパクトカーの車高をただ上げただけにしか見えなかったのですが。なんで、こんなモデルを発売したのでしょうか。

補足
そうですね。フォレスターが新型になったらXVの大きさがますます中途半端になります。そこまでしてSUVに乗りたいのでしょうか。意味がわからないモデルをまたスバルは出したと思います。あんなに小さければアメリカでも売れないでしょうし。

ベストアンサーに選ばれた回答

SUV(エス・ユー・ブイ)とは、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sport Utility Vehicle)のアメリカ合衆国での略称。現在ではアメリカ以外でも広く使われている。
狭義のSUVとは、

1.アメリカ生まれ
2.はしご形フレームを持つ
3.荷台にシェルと呼ばれるFRP製のハードトップを載せた、ピックアップトラックのスタイルを模したクルマ
となる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/SUV

この定義だとハシゴ形フレームのないスバルXVはSUVじゃないですね。
コンパクトカーの一部です。

ちなみに、サイズは関係ないですよ。
ジムニーとかある意味立派なSUVですし、このくるま以上にオフロードに強い日本車って数少ないでしょう。

なんで発売したかといえば欲しい人がいるからです。
マーケットがあるということでしょう。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • SUVなんて,大きさの話じゃないんで。
    スバルは先に,某車種でアメリカ市場を意識しすぎた大型化で,日本市場からちょっとスカンをくらってます。
    で,フォレスターが新型になったら・・・というところがありますが,同じサイズでも意味がないでしょう?
    フォレスター,アウトバック,XVでサイズが選べるラインナップでいいんじゃないですか?
    あと,ただ車高を上げただけではなく,サスなどのチューンは変更しています。それだけで,かなりの走破性をもつ素性がある車です。
    もともと,SUVと言われるジャンルの大きな車より,先代アウトバックなどはスタックし辛い車として性能が評価されていました。
    大きいSUVも格好ばかりもたくさんあるんでご注意を。いくらアメリカで売れてもね。

  • XVが小さい理由はインプレッサだからです。

    「こんなモデル」とお思いでしょうが、試乗してみたところ

    小さい=取り回しが良い
    車高が高い=視界が広い

    などのメリットを体感できました。
    車内も十分広く手軽(気軽)さも感じられました。
    街乗り〜アウトドアをこなすのに実用的な大きさかと思います。

    SUVという視点から見ると物足りなさはありますが
    ステーションワゴンでもなくミニバンでもなく、それでいて今のフォレスターのような
    本来のSUVはちょっと大きいと感じる方に向いているモデルではないでしょうか。

    他社に比較対象となる車種がないのがさいわいですが
    果たして売れるかどうかはわかりません。

    個人的にはSGまでのフォレスターが好きです。

  • SUVの意味が当初から変わってきているこのごろ、
    へんてこりんな車も出てきていますね。
    お察しのとおり、XVはインプレッサの車高を上げた車です。
    本来インプレッサXVというグレード追加がふさわしいくらいの内容です。
    インプは昔からこの手の手法を取ってきました。背面タイヤまで備えたり
    (意味はありません。ファッションです)したモデルもありました。

    スバルはボクサーエンジンと4WDが生命線の会社です。
    そしてラインナップが非常に少ない(レガシー、インプ、フォレスター、イクシーガだけで他はOEM)メーカーですので、注目を集めるのが難しいです。
    特にレガシーとインプの2車種で売上を維持していますので、この2車種の
    バリエーションはどんどん出てきます。
    自動車メーカーは定期的に新型車を出し、存在を誇示しなければなりませんが、
    スバルの規模だと難しいのです。よってこのような小手先の手法であっても、
    インプのグレード追加ではなく、「新型車」として出さざるを得ない事情があります。

    アイサイトのCMを見たことありますか?
    ちょっと前のCMで、「アイサイト搭載車がこんなに増えました」と言っていましたが、たくさんの車種を並べてる様に見えて「レガシーとインプとイクシーガ」の3車種のグレード違いが並べられているだけでした。

    まだトヨタとの提携の効果が出ていないのが実情です。

  • 残念ですが、まだ発売されていません

  • それは貴方の価値観の問題でしょう。

    決して小さい車ではないですよ。諸元表を見ましょう。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

中古車スバル XVアクセスランキング
  1. 1位 1.6i アイサイト 4WD
    1.6i アイサイト 4WD
    2,299,000円(大阪)
  2. 2位
    2.0 アドバンス 4WD
    2,598,000円(愛知)
  3. 3位
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,298,000円(千葉)
  4. 4位
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,200,000円(北海道)
  5. 5位
    2.0 アドバンス 4WD
    2,979,000円(神奈川)

※2020年4月1日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)