現在位置: > > > > > スバルのリコール、バルブスプリングの件、対象車...

『スバルのリコール、バルブスプリングの件、対象車...』:スバル XV

解決済みスバルのリコール、バルブスプリングの件、対象車は2012年1月17日~2013年9月30日とのことですが期間があまりに短かすぎませんか?同じ型式名のエンジンはそれ以降も(以前も?)生産されているの

スバルのリコール、バルブスプリングの件、対象車は2012年1月17日~2013年9月30日とのことですが期間があまりに短かすぎませんか?同じ型式名のエンジンはそれ以降も(以前も?)生産されているのに、いきなりある一定の時期を境に問題が発生しない良品にシフトするなんて本当にあり得るものなのでしょうか?何でインプレッサは引っかかってXVはそうでないのか?もしそうだとしたのなら、良品に切り替えるくらいならその時点でそれまでのバルブスプリングは不良であったと気付いていてもおかしくないでふすよね?ならばリコール発生時期としてはあまりに遅すぎる。私のインプレッサは製造が2014年_5月、リコールの対象期間からわずか数ヶ月しかズレていない、発表になったときは、「うわ〜ギリギリセーフだった〜!」などと思ったりもしましたが、実は逆にギリギリアウトなんてことないですよね(泣)。




今日、別件な検査不正の件も実はまだ発覚していなかった期間があってそのリコール対象車は増加との記事も見かけました、実に残念です、バルブスプリングの件は本当に大丈夫なんですよねスバルさん?


本当にスバルの車の品質が好きで乗りついできた一人のユーザーの叫びです…

ベストアンサーに選ばれた回答

頓珍漢な回答が見受けられますが、今回の件は製造段階のミスや不良品ではなく、設計ミスによる不具合と発表されてます。
なので、工場云々は的外れです。

どこのメーカーでも、同じ型式同じ車種のエンジンでも毎年ブラッシュアップしてるので全く同じ部品を長年使う事は少ないです。
根幹部品とかでもない限り。今回のバルブスプリングの様なものは頻繁に手を加えられてても不思議はないのでスバルが虚偽の報告でもしてない限り、主の車は大丈夫だと思いますよ。まぁ、今後新たに設計ミスが分かるとかで追加される可能性はゼロではないですが。

回答一覧

6件中1~6件を表示

  • その通りですよ。
    部品が怪しいとなった時点で対策品に交換といったことは今回のバルブスプリングの件だけでなくても他メーカーでもよくあることです。

    特に今回の場合は、交換作業に時間・人手を要する作業ですのでその土台をしっかりさせてから公表したかったメーカーの意図があるかと思います。
    実際にスバルは全国各地にそのリコールためのピットを作り、そこで作業させる社員の教育を済ませております。
    その準備が万端になったので今回のリコール発表に至ったという形です。
    悪い見方をすれば、不良があったのを見つけたのに暫く黙っていたという風には
    取れますね。

  • スバルを甘み過ぎ


    燃費改ざんがあった数十年前から、リコール隠しの常連ですよ


    ユーザーなら誰もが知る

    まずは、最近のユーザーを黙らせるための車種と時期

    それ以前はスバルがどう出るか

  • 対象車は2012年1月17日~2013年9月30日とのことですが期間があまりに短かすぎませんか?

    スバルで
    製造しているわけでは無いので
    普通

  • 車の細かい部分の部品は下請けや子会社の工場、取引先の会社で生産してます。
    (全部品完全社内生産なんて出来る会社は無いでしょう)
    で、この供給して貰っている部品の場合、生産先の工場で災害等があっても製造が続けられるように複数の会社に生産を委託しています。

    だから設計上の不具合ではなく、部品単体での不具合なら問題のあった部品を使っていた期間の製品だけが対象となるのは良くある話です。

    クレームがあった場合、対外発表無しで設計変更を行って改良する事も有りますし。

  • 同一車種・同一モデルでも、製造ロットによって部材が違うというのは普通にあるよ。

  • 貴方の言う通りです。 後々、増えるかも知れませんね。

6件中1~6件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

マイカー登録はこちら

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車スバル XVアクセスランキング
  1. 1位 1.6i-L アイサイト 4WD
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,198,000円(岐阜)
  2. 2位
    2.0 アドバンス 4WD
    2,979,000円(神奈川)
  3. 3位
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,198,000円(岐阜)
  4. 4位
    2.0 アドバンス 4WD
    2,598,000円(岐阜)
  5. 5位
    1.6i アイサイト 4WD
    2,299,000円(大阪)

※2020年3月31日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)