現在位置: > > > > > スバル自動車はなぜSUVばかり製造・販売しているの...

『スバル自動車はなぜSUVばかり製造・販売しているの...』:スバル XV

解決済みスバル自動車はなぜSUVばかり製造・販売しているのでしょうか? (レガシィアウトバック、XV、フォレスター、エクシーガ…やたら多い)

スバル自動車はなぜSUVばかり製造・販売しているのでしょうか?
(レガシィアウトバック、XV、フォレスター、エクシーガ…やたら多い)

ベストアンサーに選ばれた回答

スバルは日本より海外で売ることをメインにしており特にアメリカなんかはSUVがかなり人気なのでSUVのラインナップはたしかに多いです。しかし他の日本メーカーも日本では売っていないSUVがたくさんあります。
海外に適したサイズが多く日本ではなかなか売れないので海外限定で売っています。
スバルが特別多いんじゃなくて他のメーカーが日本で売ってないだけです。

回答一覧

9件中1~9件を表示

  • 簡単なことです。

    「選択と集中」です。軽を止めたのと同じで、台数ではなく利益率をとるためと自身のブランド力を最大限利用できるジャンルがそうなっているだけです。

    なぜなら世界的に見れば、SUV市場は過去からもスポーツカー市場ほどではないにしろ、やはり金持ち市場の位置付けです。

    日本のなんちゃってSUV市場を向いたものではないですよ。

    アウトバックやWRCの様に世界的にスバルのイメージを利用した展開です。

  • SUVばかりって?

    スバルは作れる技術を持っているからですよ!
    世界に通用しています。

    かつてトヨタが大声をあげて「衝突安全ボディGOA」をアピールしていた頃、スバルは衝突安全性に関して何もアピールしませんでした。
    理由は簡単。「安全性なんてものは大前提にクリアするもので、初歩の初歩的な課題。セールスポイントとする事自体がおかしい。安全な車なんてのは箸が二本である事くらいの基本だからだ。」と考えていたからです。
    そしてそれを証明するかの如く、衝突安全性評価試験において、各社が自慢の車両をエントリーして鎬を削っている中、何もアピールしていないスバル車がスコアを総ナメにしたのです。

    各社技術者は、その技術力に脱帽し、その気風に感服し、そして何よりも羨み、妬みました。
    あんなに金かけて作った技術が弱小メーカーにボロ負けしてはプライドが許さないでしょうからね。

    特に新型フォレスターXTやアウトバックなどどかは、10年に一度くらいしかない、素晴らしいSUV車と思っています。

    一部知恵袋の回答からお借りしています。

  • 昭和の頃から、それが売れ筋だったから。
    レオーネバンでラリーに出たこともあるらしい。
    初代レガシィはセダンを売りたかったのに、世の中がひっくり返るくらいワゴンが大ヒットしちゃった。
    2代目でグランドワゴンを作ったら、西欧他社(BMWVWVOLVOAudi)もそれを真似した。「じゃあそれ以降も同じ線で行きましょう」、てことでない???
    北米ではセダンのアウトバック、またレガシィの後ろを荷台にしたピックアップトラックがあります(BAJAと書いてバハと読むらしい)。

  • SUVが人気だからです!

    セダンのB4、S4、G4
    ステーションワゴンのレヴォーグ
    ハッチバックのインプレッサスポーツ
    スポーツ、クーペのBRZ、WRXSTI
    と各ジャンルもきっちりありますよ!

  • スバル=四駆のイメージ付けに成功したから。逆にその性で四駆しか売れなくなりましたが…。

  • スバルと言うのは富士重工の自動車の名前で、会社の名前じゃありません。

    スバル自動車なんて言うメーカーはありません。


    エクシーガはSUVではないというのが私の意見ですけど、個々に事情を考えれば多いとも思えません。

    まず、レガシィ・アウトバック。
    この車は完全に日本を見捨てたアメリカ専用車です。
    レガシィと言えばツーリングワゴンのイメージでしたけど、すでに先代モデルでツーリングワゴンが残っていたのは日本だけとか。
    アメリカではアウトバックが良く売れたとかで、レヴォーグを売り出したことでレガシィはツーリングワゴンをやめたようです。
    (レヴォーグは日本専用車とも聞いています)

    ただ、アウトバックと言っても、元々はツーリングワゴンの車高を上げた物。
    これは、XVも同様でしょうね。
    悪く言えば「なんちゃってSUV」

    ただ、元々水平対向+4WDで悪路の走破性に関しては基本性能が高かったのでしょうね。
    どちらもSUVとしての評価も悪くないわけです。


    忘れてはいけないのが、レヴォーグ、フォレスター、エクシーガはすべてインプレッサがベースになっていること。
    軽自動車の自社生産を撤退した今となっては、オリジナルの車はレガシィとインプレッサしかないというのが事実でしょう。
    2車種だけなので、開発費は抑えられますよね。

    今は好調な会社なのですけど、それほど大きな会社ではないと思います。
    したがって、売れる車を集中的に作るというのも仕方ないことでしょう。

  • インプレッサやエクシーガがSUVではないけれど、伝統的な4WD機構を考えればSUV方向に傾倒していくのでしょうね。
    そのうちSUVと言えばスバルと言うことになると思います。

  • 人気車だから当然、製造販売しないと消費者からクレームで追われるから。

  • それが売れるし儲かるからです。

9件中1~9件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

マイカー登録はこちら

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車スバル XVアクセスランキング
  1. 1位 2.0 アドバンス 4WD
    2.0 アドバンス 4WD
    2,668,000円(大阪)
  2. 2位
    1.6i アイサイト 4WD
    2,299,000円(大阪)
  3. 3位
    2.0i-L アイサイト 4WD
    1,088,000円(埼玉)
  4. 4位
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,298,000円(千葉)
  5. 5位
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,399,000円(東京)

※2020年4月2日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)